国際マナー 日本人が知らない握手の正しいやり方4ステップ

「正しい握手」のやり方をご存知ですか?日本は、握手の文化ではない為、見様見真似で、間違った握手をしていると言うことをご存知ですか?一番大切な挨拶から、完璧に行い信頼を得ましょう。

こちらに書かれている事は、あくまでも入門レベルの基礎です。あくまでも基本ステップであり、もっと沢山のルールがあることを知っておいてください。また、それにはしっかりとしたレッスンとトレーニングも必要です。

講座サイト

日本人によくある間違った握手

  • お辞儀しながらの握手
    日本文化と西洋文化が混っていてとてもおかしいお辞儀です。
    日本人は急所の頭を授け、胸を隠し、目を合わせず、西洋では、胸を張って手を差し、目を合わせることで、相手へ敵意がなく、尊敬を示します。
    真逆の動きを同時に行うとはあまりにも滑稽ですし、正しい握手ではありません。
  • 両手握手
    束縛や、支配を意味します。くれぐれも気をつけましょう。
  • 目を見ない握手
    隠し事があると思われます。
  • やたら弱い握手
    握手をしたくない=友好関係をとりたくないと判断されます。
  • やたらに強い握手=特に女性へたいしてはNGです。強すぎる握手は乱暴です。
  • 場違いの握手=目上の人に握手を求めたり、初対面で女性へ握手を求めることは失礼とされます。また、明らかに手に怪我をしていたり不自由な場合には、握手を控えます。自分の手が汚れていたり、濡れているときもしません。握手が宗教上できない国もあります。

握手ができない、したくない時

西洋人の感覚で、握手を断られることは、本当にショックな事です。何故ならば、それは友好の証であり、自分が友好を望んでいるのに断られた、と異様な雰囲気となります。

だからといって怒られることはありません、しかし、信頼は失います。ここで大切なことは、相手の気持への配慮です。

「私の手は今濡れているから、でもあえて嬉しいです。」

「私の国では握手をしないので、控えさせて頂きますが、ありがとう。私の国ではこうします。」

このように言うことが望ましいです。

間違っても、「嫌だ!握手はしたくない。」は控えましょう。相手がショックを受けてしまいます。


握手の4ステップ

  1. 立ち上がる。立ち上げれない場合には、「Please excuse me for not standing, but nice to meet you.」と言います。右手を出します。
  2. 目をしっかりと友好的にみることで、歓迎を示します。
  3. 挨拶します。名前をつけるとより丁寧です。
  4. 丁度よい強さで握り、2,3回振ります。終わったら一歩下がります。

強く握る時

多少、強く握るケースもあります。契約締結や、強い気持ちのこもった場合です。その他の場合には、力は入れすぎずかるすぎず、が正解です。

挨拶が全て

どの国でも、最初の挨拶がその後のすべてを決めます。第一印象は出会って3秒の挨拶で決まります。

握手の主要国は、企業→個人ではなく、個人→企業 なので、個人として認められなければ、仕事の可能性も減ります。

挨拶にはくれぐれも気をつけましょう。

ちなみに、こちらの4ステップはあくまでも基礎で、他にも沢山やり方がございます。

絶対にやってはいけないこともございます。レッスンでは1時間かけて、毎回演習いたします。

レッスンでは

  • 握手の由来・歴史
  • 様々な種類の握手
  • 様々な状況での握手のやり方
  • その他の挨拶方法
  • 日本人にありがちNG追加
  • 暗黙の了解の合図の握手
  • ソーシャルとビジネスの握手の違いが大切
  • プロトコール
  • 皇室・王室
  • カーテシー・カーツイ

今だからこそ、身につけるべき国際力 本物の講座がICPAにあります。

ICPA国際認定総合国際技能クロスカルチャー専門校は、日本初の新しい、真の国際力の養成を行っております。今まで見落とされていたクロスカルチャー対応力は、英語だけしか学ばずコミュニケーションの根本を変えていないが為に引き起こる、様々な文化や言語の壁を超え、相手がどの国であろうとスムーズに対応できる技であり、これからの日本に必須の能力となります。

世界の法人と提携し、限りないポテンシャル溢れた事業を展開しています。

当校は、スペイン外交官指導学校、英国企業、インドの専門家、韓国企業、中国企業など、世界の法人と提携し、現地の情報をお届けしています。
https://idcglobal.co/

 

日本に一つしかない国際人総合講座

http://www.idcglobal.co

 
お問い合わせ

送確認メールが届かなければ、contact@idcglobal.co までご連絡ください。Please check your inbox and confirm.

Marketing by

関連記事

  1. 今まで日本になかった

  2. 国際マナーを身につけると国際コミュニケーションにも自信が持てる

  3. プロトコールとエチケットの違い マナーズの考え方 世界で通じる正しい意…

  4. 英語よりも効果が高く早く取得できるもの 英語は10年 国際マナーは1年…

  5. 企業の公用語を英語にした結果。良い点と改善できる点

  6. TOEIC点数とれない正しい勉強法 TOEICで測れる英語レベルとは?…

コースカテゴリー

カテゴリー

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ja
en_GB fr_FR es_ES zh_CN ko_KR ja
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。