英語レッスンにおいての揺るぎない強み

<英語のレッスンにおいての強み>

IDC. International のレッスンには、誰にも劣らない強みがあります。

それは、、

英語
国際マナー
ビジネススキル
ダンス

この全てに対して、確実で、ユニークな指導ができる点です。

<英語>

文法、会話、ライティング という単純指導から

シチュエーションごと、国ごとの特徴と感じ方マナーのエッセンスを加えながら

「実際に使える英語」レッスン

英語主要圏
アメリカ
イギリス
カナダ
オーストラリア
シンガポール

の場合、「英語が話せて当たり前」である分、使い方を気をつけたほうが良いです。特に、ある程度できると、知らないと失礼になってしまったりします。

初心者は間違っても、失礼でも、話したほうが良いです。英語が下手な方が、社交的でない人よりもずっと好かれます。下手だと、失礼と感じないので大丈夫!

ただ、下手でも絶対に言ってはいけないことが沢山あります。

ある程度話せると、今度は、「失礼な発言」が目立ちます。
こういう知識を教えてくれる先生はなかなかいないです。

英語が主要でない場合、言語よりも態度が大切です。
英語は下手でも間違えてもいいので、ボディランゲージを覚える、理解する、握手の仕方、キスの仕方等。

その他、ラインでの英語チャット、面接ロールプレイなどですね!なかなか楽しいです♪

メルマガで英語、マナー、ビジネススキル、その他お送りしています。
ブログはメールフォローも出来ます。(^^)

https://idcglobal.co/

#英語 レッスン #ビジネス英語

 

関連記事

  1. クロスカルチャーってなに?それは本当に「差別」か?

  2. 日本人が知らない握手の正しいやり方4ステップ

  3. 国際人に求められる5つのスキル プロトコール5原則が役立つとは?

  4. TOEICの点数では国際人にはなれない

  5. 英語と国際マナープロトコールの関係 英語を使い間違えれば大変なことに。…

  6. 英語は日本でも正式な第2言語になる

Email Magazine

今後のイベント

今後のイベントはありません

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

241人の購読者に加わりましょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。