国際的な社交場で日本人にありがち8つのNG行動

国際的な社交の場においても、「私は社交的ではないから」と、自ら壁の花となって、遠くから人間観察をしてしまっていませんか?

実は、それはとても失礼な行動にあたります。そして、その社交会でも振る舞いこそが、国際ビジネスでの成功を決めることとなるのです。

今回は、日本人にありがちな8つのNG行為の一つ、「壁の花」「人間観察」について公開いたしましょう。

「社交」=Social とは「社交的になる」=Sociable という意味ですので、社交会、ネットワーキングイベントのような交流会では、当然「社交的に振る舞う」ということが義務付けられます。

そのマナーを知らないと、これもやはり、とんでもなく白い目で見られます。

日本人にありがちなパーティでのNG行動

  • 壁の花、遠くから人間観察、自分では問題ないと思っている
  • 「社交は苦手」といいつつその場にいる
  • 話しかけられることを待っている
  • 話しかけ方がわからない
  • 会話の内容がNG
  • Yes No 質問に、Yes, Noでしか答えない
  • 会話の終え方がわからない
  • 目線が不自然
  • 握手が不自然
  • 名刺と挨拶をする

これらの行動は、単純に「シャイだから許される」「社交的ではないから仕方ない」というふうには取られないのです。

実際は、以下のように取られてしまいます。そして、「マナーもないし、なんだか変な人」と見られてしまいます。全く悪気はなく、このようにみられてしまいます。

  • 壁の花・遠くから人間観察・自分では問題ないと思っている=大変失礼・感じ悪い人・気持ち悪い
  • 「社交は苦手」といいつつその場にいる=何故いるの?話さないなんて失礼
  • 話しかけられることを待っている=変な人
  • 話しかけ方がわからない=子供じゃないのに
  • 会話の内容がNG=プライベートな質問、なんて失礼!タブーな話題:プライベート、下ネタ(セクハラは重大です)、宗教、政治、仕事、悪口、暗い話
  • Yes No 質問に、Yes, Noでしか答えない=感じ悪い人・話をせっかく振っているのに・興味ないのか・つまらない
  • 目線が不自然=何か、おどおどしていて怪しい
  • 握手が不自然=ちょっとあまり関わりたくない

日本人の私達からすると、「あの人は恥ずかしがり屋だから」「あの人は社交的ではないから」「チョット笑い話」で済まされると思いますが、国際交流ではそうも行きません。

社交場にいるのであれば、社交的なことは当然のこと、日本人同士で固まり、他の人と話さない行動も異様に移ってしまいます。

大陸の人たちは、日本人が思うよりもずっと、階級社会、評価社会、ですので、こういった細かい行動で、全てを決められてしまいます。

日本人が最も苦手とする「社交」

このスキルを身につけるには、とにかく、知識と実践、経験でかわります。

国際基準の社交スキルも学べるICPA講座一覧







お問い合わせ

送確認メールが届かなければ、contact@idcglobal.co までご連絡ください。Please check your inbox and confirm.

Marketing by

 

 

関連記事

  1. 英語を超える魔法の鍵 クロスカルチャーコミュニケーションとは?これさえ…

  2. 国際マナー英国にてグローバル認定 英国本校の講座を日本で受けられます

  3. 30歳過ぎたら知っていて常識 国際マナー・プロトコールいつ学ぶべき?

  4. 国際人育成に必要な条件とは

  5. 国際スキル 英語と国際マナー・エチケット・プロトコール

  6. 国際マナー 目的意識が結果を変える

コースカテゴリー

カテゴリー

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ja
en_GB fr_FR es_ES zh_CN ko_KR ja
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。