クロスカルチャーってなに?それは本当に「差別」か?

日本では、まだまだ「クロスカルチャー」と言う言葉に馴染みがないようです。要約、なんとか「プロトコール」という言葉が、少しだけ知られるようになってきた時点です。

その代わりに、大変おかしな表現でもある「グローバル人材」と言う言葉が知られています。日本人にまず必要なのは、「正しい知識」である、と私は考えています。

例えば、この言葉一つとっても、正しい表現ではない「グローバル人材」が知れ渡り、正しい表現で、国際人に最も必要とされる「クロスカルチャー」が全く知られていないこと、また、一般人でも外国では誰でも知っている、「プロトコール」を知らないことは、世界的に見て、非常に知識の低さを表しています。

国際人=英語、そして英語の取得に苦労している、という点に関しても、主要国の中では考えられない状況で、今なんとかして行かないと、日本はこのまま、世界に飲み込まれてしまいます。

美しい文化を守るためにも、私達日本人には、この「クロスカルチャー」スキルが必須とも言えます。

クロスカルチャーとは?

では、その「クロスカルチャー」とは一体何なのか。という点です。

こちらは、異文化理解にも通じ、他国の文化を理解し、自国の文化との調和に向けたスキルのことです。ビジネスや外交では必須中の必須とも言えます。異文化理解というと、ただの「文化交流」と勘違いされるかもしれませんが、ただの文化交流ではなく、相手のビジネスの質を知ることが、まずははじめの一歩になります。

例えば、何度もお話している、「握手の正しい方法」、これを知らないだけで、その人との付き合いが変わります。間違った握手をすれば、その先には何もありません。手の出し方を間違えた、変な姿勢でしてしまった、変な発言をしてしまった。。日本では一見大したことではないので「許される」行為は「許されない行為」と変わります。

日本人は、多少の失敗は許されると思っており、例えば、姿勢や握手など、大した問題ではないと思っていますが、大きな問題で、そもそも、その基本ができていない人は、海外で信頼されることは、絶対にありません。

英語がいくら話せても、この様な事が出来なければ、当然コミュニケーションは測れず、「なんだか変な人」で終わってしまうのです

そして、雑な対応を受けた時に、日本人はそれを「差別」と呼びます。ところが、そうではありません。外国では許されない行為をしたために、雑な扱いを受けるので、それは「差別」ではありません。

なぜ、外国人とは分かりあえないのか?それは単純な文化の違いというよりも、お互いにお互いを理解していないからです。なんでもない行動が命取りになることを知っておきましょう。

笑顔もしないほうが良い時がある
握手も種類がある
紹介に順番がある
言葉の使い方に決まりがある
席次は日本よりも重要である

国際マナーも含め、「クロスカルチャー」スキルこそが、国際人の鍵を握ります。いつ始めるのか。。「今」にほかなりません。手遅れになる前に、はじめの一歩を始めましょう。

ICCAのクロスカルチャー&国際マナープログラムで、全てをカバーしています。

クロスカルチャー講座一覧

関連記事

  1. 国際的な社交場、日本人にありがちな8つのNG行動

  2. 日本人が知らない握手の正しいやり方4ステップ

  3. 第3回 国際マナープロトコールレッスン

  4. 個人向け:ビジネス国際プロトコールマナーズクラス開講!

  5. 日本で一つしかない、本物の国際人講座に更に充実の講座ができました。

  6. 英国校認定が決まりました!更に本格的な国際スキルを日本で取得。日本人に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Email Magazine

今後のイベント

今後のイベントはありません

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

241人の購読者に加わりましょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。