英語を超える魔法の鍵 クロスカルチャーコミュニケーションとは?これさえ理解できれば全て解決!

グローバル化、国際化の急かされる現代ですが、日本は島国で、他国との交流歴が短く、その独特な文化、習慣、考え方により、他の国との交流方法を知らずに、英語ですらつまずいている状態が続いています。

実は、国際コミュニケーションには、わかれば簡単に解決できる、解決策がある事をご存知ですか?知らなければ、損ですが、知ってしまえば、もう怖いものはありません。

日本人が国際交流が苦手なわけ

「クロスカルチャーコミュニケーション」という言葉をご存知ですか?これが魔法の鍵になります。隣の人は外国人、という状況である大陸では、別の国の文化を理解していることは、もはや当たり前のことです。

しかし、日本は、隣の人も同じ考えを持っていると仮定する日本人であり、他の文化を理解する必要がありません。同じ人の中で生活していると、世界には他の文化がある事も忘れがちになります。

そして、外国すら自分たちと同様と考えます。

日本の中だけであればそれで問題はなくとも、このような意識だと、文化も考え方も、ボディランゲージの発する隠れた言語も異なる世界に出ることは不可能になります。

そして、なぜ国際交流が苦手かというと、英語ではありません。外の世界の本質と「やり方を知らない」からなのです。

クロスカルチャーコミュニケーションとは?

interview-4835116_1920

異文化理解にも通じ、他国の文化を理解し、自国の文化との調和に向けたスキルのことです。ビジネスや外交では必須中の必須とも言えます。

異文化理解というと、ただの「文化交流」と勘違いされるかもしれませんが、ただの文化交流ではなく、相手のビジネスの質を知ることに繋がる、大切なコミュニケーションスキルです。

例えば、「握手の正しい方法」これを知らないだけで、その人との付き合いが変わります。間違った握手をすれば、その先には何もありません。手の出し方を間違えた、変な姿勢でしてしまった、変な発言をしてしまった、など、小さな事が仇となります。

握手だけにおさまらず、使う言葉や、目線、ボディランゲージ、タイミング、全ての行動に理由があります。

「日本にはその文化はないからいいのだ」は、通用しません。

なぜならば、日本は宗教上の理由でしないわけでもなければ、発展していない国でもないので、世界トップのグループに入る世界の立ち位置的に、握手もできない方がおかしいのです。

日本の常識は世界の非常識!

tie-690084_1920

日本では一見大したことではないので「許される」行為は「許されない行為」と変わります。その基本ができていない人は、海外で信頼されることは、絶対にありません。

間違ったボディランゲージでの問題も絶えず、メールや手紙の書き方も大切な点です。

英語がいくら話せても、この様な事が出来なければ、当然コミュニケーションは測れず、「なんだか変な人」「信頼できない人」で終わってしまうのです

なぜ、外国人とは分かりあえないのか?それは単純な文化の違いというよりも、お互いにお互いを理解していないからですが、小さな国に合わせてもらうことはできませんので、日本が国際基準に合わせるべきな事は、当たり前のことなのです。

  • ボディランゲージは立派な言語である
  • 第一印象の考え方は異なる
  • コミュニケーションが何よりも重要である
  • 握手も種類がある
  • 紹介に順番がある
  • 言葉の使い方に決まりがある
  • 席次は日本よりも重要である
  • ネットワーキングイベントに振る舞い方がある
  • 上下関係は?
  • 名前の呼び方は?
  • 食事の食べ方が大きな差を呼びます
  • 女性と男性の立ち位置は?
  • 国による違いは?

まだまだあります。

「クロスカルチャー」スキルこそが、国際人の鍵を握ります。

クロスカルチャー

関連記事

  1. TOEICは大きく時代遅れ 世界にはついていけない 大切な国際コミュニ…

  2. オンライン会議10の致命的な意外な失敗改善法 あなたのネット会議は大丈…

  3. 国際マナー・国際プロトコール・国際ビジネス・国際教養

    実は世界では不快にさせる日本人の「思いやり」日本人の知らない世界の感覚…

  4. 国際教養・国際マナーは一生の宝 「何を学ぶかではなく、何を得て与えるか…

  5. 国際マナー 目的意識が結果を変える

  6. 30歳過ぎたら知っていて常識 国際マナー・プロトコールいつ学ぶべき?

コースカテゴリー

カテゴリー

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ja
en_GB fr_FR es_ES zh_CN ko_KR ja
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。