和製英語や和製横文字による国際化の遅れ

日本の良さの一つとして、「外国から取り入れたものを、自分たちの色に変える」という面があります。こちらは、受け入れの文化である日本の素晴らしい点であると考えています。

ところが、正しい英語が使えなくなってしまった原因の一つでもありますのが、洋語の乱用です。折角正しく美しい英語がございますのに、日本で変な英語に変えてしまい、それを平気で使う事は、英語は世界共通語である分、英国に失礼という以上に、国際的にもはずかしいことです。

例えば、「クロスカルチャー」は、作った用語ではなく、外国ならば伝わるのに、知らない日本人はかなり多いです。この、基本的な考え方が浸透していないこそかとは思いますが、非常に恥ずかしいことです。

「マナー」は、そもそも和製英語ですので、エチケット、マナーズと正しく使い分けなければいけませんが、この違いもご存知でない方が殆どです。

「グローバル人材」とは、なんとも滑稽すぎる和製英語で、これを聞けば聞くほど、国際感覚を持たないのだと理解します。当アカデミーでは極力利用しないよう心がけておりますが、「国際人」では伝わりにくい観点から、時々見かけることはあるでしょう。

どこの誰かが名付けた名前が、日本独自のものである事を知った上で、使わなくてはならなりません。わからない人に合わせるのではなく、分からない人にわかっていただくことが大切なことでしょう。

日本人の国際感覚は、引き上げが急がされる時です。

講座はhttps://idcglobal.co/

関連記事

  1. グローバルマインドとは誤った表現である 日本の常識は世界の非常識 正し…

  2. プロトコールとエチケットの違い マナーズの考え方 世界で通じる正しい意…

  3. TOEICは大きく時代遅れ 世界にはついていけない 大切な国際コミュニ…

  4. クロスカルチャーを学ぶとは国際交流の基礎を学ぶこと

  5. プロトコール・マナーズ・エチケットの違いを知ることから

  6. 未来を変える国際マナー 世界常識・教養を学ぶ

コースカテゴリー

カテゴリー

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ja
en_GB fr_FR es_ES zh_CN ko_KR ja
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。