プロトコール・マナーズ・エチケットの違いを知ることから

プロトコール・国際マナーという言葉が、要約日本でも知られるようになりました。それは、とても良いことであると考えております。

しかし、それが本当に「正しく」伝わっているのかどうか、が大変疑問となる点です。大まかの情報がは間違ってはいないようですが、「プロトコール」に対する、根本的な考え方が全く間違っていると見受けられます。

「プロトコーを習いました」という方とお話していて感じることは、プロトコールの根本をご存知ない、と言うことです。「プロトコール」は、覚書によって定められている、言わばルールであり、国と国のお付き合いの中で必要なルールであり、堅く、堅実な規範です。

マナーやエチケットとは異なり、外交的なニュアンスが強いため、一般的に利用する場面は少ないものです。正し、この知識は、国際人として持っている必要があります為、日本人で外交がなくとも、あたり前の知識として知っておく必要はあります。

但し、その前に知っておかなくてはいけない知識があります。それは、「エチケット」です。

「エチケット」とは、日本での認識はとても薄いように思えますが、言わば日本語では「マナー」というのかもしれません。国により異なり、社交はそれを通じて行われます。プロトコールとエチケットは別の物で、いずれもルールを表しますし、歴史が伴います。

それでは、「マナー」とは?英語では、「マナーズ」と言います。むしろ、和製英語が間違った使い方をされているように見受けられます。「マナーズ」は、礼儀や思いやりのことを指し、ルールではないと言うことになります。

要するに、「思いやり」を語るのであれば、それは「マナーズ」であり、普段の生活で知る必要があることがエチケット、そして、もっと外交やビジネスで必要とされるものが「プロトコール」であり、プロトコールは、華やかに着飾ることとは違います。(ドレスコードは重要です)

エチケットは国により異なる

この事を、しっかりと把握しておく必要があります。

一つの国例えばフランスのエチケットだけ知っていて、それが、例えばヨーロッパ全体で通じると思っていると、大きな間違いになり、自分では「最高のマナー」と思っていても、その地では「最悪のマナー」となる可能性があります。

ですから、一言に「西洋で」と言っても、沢山のマナーやエチケットがある、という事を知っておかなくてはなりません。エチケットをよく理解した上でプロトコールを学べば、混乱することもなく、正しい知識と教養を身につけることが出来るでしょう。

アカデミーでは、日本で唯一、英国校で認定された講座を開講しております。イギリス・ロンドンでの講座と全く同じ内容に加え、プラスαでの知識を盛り込んだ、プログラムがございます。

世界180カ国の国際ビジネスエチケットとソーシャルエチケット、国際プロトコール、日本プロトコールの講座がございます。春には、年に2回だけの集中講座も開講され、クロスカルチャー専門校として、「本質に拘る」アカデミーを運営しております。

是非、セミナーやプログラムにご参加ください。

クロスカルチャー専門校 https://idcglobal.co/

現代に伝わる間違ったプロトコールやエチケットの認識 正しいことを学ぶこと エチケット・マナーズ・プロトコールは別の意味であることから

 

関連記事

  1. 30歳過ぎたら知っていて常識 国際教養・国際マナー取得時期の年代

  2. 国際講師・コンサルタント・アドバイザーになる意義 国際マナーズ・エチケ…

  3. 更に本格的な国際スキルを日本で取得。日本人に足りない国際人スキルとは?…

  4. 国際マナー・エチケット・プロトコール本質をどこで学ぶのか 本物が学べな…

  5. 国際マナーとエチケット 英語講座も 有意義な講座の受け方で効果を10倍…

  6. 着るものの見落としがちな以外な効果「ドレスコード」単なるルールではなく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Email Letter

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Translation

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。