国際マナーとは趣味の一環ではないこと

国際マナーを趣味の一環と捉えてしまうと大変です。英語は以前趣味の一環として捉えられ、学校では非常に遅いスピードで、英会話は楽しむ目的にありました。13歳でABCは、その時点で10年遅れていました。

その結果、20年遅れの日本を生み出してしまいました。

国際マナーは、同じように英語同様の必須スキルですので、今やらなければ、10年後には40年遅れてしまいます。

時代の先を行く事は、誰よりも優位に立て、一生の宝物となります。

  • 本質を学ぶ
  • 正しい国際マナー
  • 正しい英語
  • 正しい日本文化の知識
  • それを語れる語学力
  • そしてなによりも重要な誇り

これが本物の国際人と言えましょう。

日本文化に触れると、日本人ならば涙を流して感動します。

学ぶ事はとても喜ばしいことですね。

本質を学ぶ

日本には、偽物が沢山出回っています。そしてそれを見抜く力をなかなか付けることができません。それは、本質に触れる機会がなく、偽物を見分けることができないからです。

「本質」を学ぶことで本質を見抜けるようになり、そこに「心」が生まれ、習うこと全てを自分のものとすることができようになります。

正しい国際マナー

マナーに密接な関係にある宗教の重要性を知らない日本人が、正しい国際マナーは学べません。重要なのは、歴史や宗教に理解心を持ち、「なぜ」を知ることにあります。正しい国際マナーは、その「心」なくして学べません。

正しい英語

誤った英語学習法も出回っています。英語は大切な国際コミュニケーションツールですから、正しく使えなければ意味を持ちません。正しい英語と正しいコミュニケーションが必要です。

正しい日本文化の知識

日本文化の教育は、とても残念な事に隠され、伝わっておりません為、日本人が日本に誇りを持てなくなってしまっています。正しい日本文化を正しく学ぶことが、日本人の誇りと自信を取り戻してくれます。

語れる語学力

学び、知識を得たら、次は語れる語学力が必要になります。日本人が外国人と対等に関わりを持てるようになるには、英検レベルで準一級を高校生では取れている必要があります。そして、それはテストの点数ではなく、会話レベルでそのレベルで、海外の大学へ入るためのTOEFLやIELTSも、5.0位上は取れるレベルでなければ、対等には対応できません。

日本語と共に英語
3歳 ABCは終了、簡単な単語
5歳 簡単な会話が理解できる
6歳 現在の中1レベル
7歳 英検4級レベル
9歳 英検3級レベル
小学生終了時 英検2級
中学生で英検準一級
高校生に入る時点では一級

こちらであれば、子供たちも不自由なく、アレルギーになることもなく、世界で通用する言葉を話せるようになります。

誇り

日本人である誇り、国際人である誇りを持つことが最も大切になります。学び、知り、触れ、経験を積んでこそ、それを身につける事ができるのでしょう。

トータル的な国際マナー講座は

https://idcglobal.co/

次回は、5月2日から6日までの集中講座実施

お問い合わせください

関連記事

  1. 国際人に必要なスキル

  2. 日本では「交渉」は「駆け引き」「勝負」であり感情的、欧米では「互いの利…

  3. 目的を明確にすることで、成功へと近づける

  4. 1月からの新講座年末割引:英語・国際マナー特別講座

  5. 2020年に向けて本物の国際人としてやらなければならないこと-世界へ伝…

  6. 和製英語や和製横文字は危険

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Email Magazine

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。