国際マナーズ・エチケット・プロトコール:本物はどこで学ぶ?本物が学べない理由

国際マナー本物を学びたいです。というお言葉をよく伺います。でも、その「本物」とは何を示していらっしゃるのでしょうか?文献ならいくらでもあり、基本的な国際マナーを「テーブルの〇〇」とするのであれば、それはいくらでも学ぶことができます。

でも、本当にあなたはそれを学びたいのでしょうか?「本物を学びたい」そう思われるのであればまずはやることがあります。

それは、「心を入れ替えること」ここでまず、大概の方は躓き諦めます。

それはどうしてか?

心を変えることは自分を変えなくてはいけない。と考えるからです。

それでは、そもそも国際マナーどころか日本マナーのような精神が絡むことは学べません。

では次に、「あなたにとって国際マナーを学ぶとはどういうことですか?」

お答えができないか、もしくは、「異国文化を理解することです。」と当たり前の答えが帰ってきます。

では、「異国文化を理解するとは何ですか?」

「相手の国のことを知ることです。」

それでは、勉強をして相手の国のことを知りました。

「そして、どうやってそれを国際マナーとしますか?」

この答えで、「正しさ」を求めていれば、「本物」には出会えません。

マナーの世界の答えは、全て自分の中にあります。それを正しく教わる、ということは、ただただ知識だけを教わるものではなく、精神深いところまで学ぶことが重要です。

それには、良い講座と良い講師との出会いが鍵となります。

今でこそ、インターネットが発展し、テクノロジーは当たり前ですが、テクノロジーては、本質は学べません。

良い講座と良い講師とは

  • マーケティングが少なめである:ターゲットを絞っているためブレがなく、生徒へのケアが行き届いています
  • 講座の種類や日程が豊富ではない:講師の数が少ないスクールは一貫性が行き届いている
  • 押し売りがない:自信のない講座は押し売りがあります
  • 安売りをしない:安い講座には理由があります

わからないことを学ぶ上で、「分かりやすさ」を求めるのは誤ったリサーチです。「分かりやすい」=「知っていることを教えてくれる」

知っていることを学びたいのでしょうか?

知らないことを学ぶのであれば、わかり易くないところに答えがあります。

「良いものはいつも影に隠れて、誰にでも見つけてほしいと思っておらず、見つけたい人に見つけて欲しい」と思っています。

もう一つの学べない理由は、自分の心の状態にあります。

「どこへ行っても良い講座に出会わない」

それは当然です。自分自身をその時点へ運んでいないからです。開かれた心に新しい学びが入ってくる。という事を覚えておくと良いでしょう。

最後に、エチケット、マナーズ、プロトコールは全て異なります。プロトコールはマナーではありません。


 

9月開講長期講座のお知らせ

 

 

関連記事

  1. 社交会で女性から握手を求められて舞い上がってしまい 失礼な発言をしてし…

  2. 国際的な生き方とは

  3. プロトコールとマナーとエチケットの違い

  4. 1月からの新講座年末割引:英語・国際マナー特別講座

  5. 国際会議テクニック:その2 日本企業の特徴

  6. 国際会議で勝つ その4:ファシリテーターに求められる役割とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Email Magazine

定期便と資料をお届けします

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

カテゴリー

講座スケジュール一覧表

RESERVA予約システムから予約する
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。