国際講師・コンサルタント・アドバイザーになる意義 国際マナーズ・エチケット・プロトコールの限りない永遠の可能性

これから新しいキャリアを積みたい、今のキャリアに付随する何かが欲しい、独立したい。そうやって、講師、コンサル、アドバイザーを目指される方は多くなり、明るい時代となりました。

クロスカルチャーの基本知識とスキルになる「国際エチケット」「国際マナー」には、無制限の可能性があり、特に今の時代、資格を持っておくことが、将来性を大きく変えるでしょう。

では、どんな方が講師、コンサル、アドバイザーになれ、どんなスキルが得られて、誰に教われば良いのでしょうか?

特に、国際化を余儀なく求められている現代の日本では、今後の需要も莫大であり、今後は「世界の常識」こそが、必要な鍵となることでしょう。

当校は、マナーの学校ではなく、世界で生きるライフスキル、クロスカルチャーの専門校です。

今回は、当校の学院長が、講師になる意義、必要性、価値をお伝え致します。


日本にあった国際マナー・プロトコールの今まで

Table served in a restaurant

今までの「国際マナー」を教える先生は、「マナー教室」を目指されていたり、客室乗務員の方が多かったかもしれません。もしくはホテル関係者だったかもしれません。マナーとプロトコールを混同してお教えされている先生も少なくはありません。

国際的な常識は、マナーの教室や客室乗務員だけが必要な技ではありません。誰もが世界の常識を理解し、知る必要性が出てきた時代です。

そして、それは感動的で美しく、人生を愉しむための鍵とも言えます。

「マナー」と言ってしまうと、日本の人は、「やるべきこと」と備えがちですが、まずはそういうものではない、自分自身が幸せになるための法則なのだ、と理解をすれば、きっと違った視点で考えることができるでしょう。

「マナー」はルールではなく、「やり方」を学ぶことでもなく、それを学ぶ過程の中で得られる「発見」や「道徳」や「感動」が生み出す、自分と他者へのリスペクト、とも言えます。

それは、世界共通の心であり、「人」として地球上で生活する全ての人が共有している感情です。

そして、今乱れきっている日本の教育に最も必要な、「人として生きること」を教える、教科書ではない「道徳」でもあります。これは、人の心を健康にし、自信を与え、いじめさえなくす、そんな貴重な教育なのです。

国際エチケット・コンサルタント・講師になる意義

IMG_0007-

「道徳」であれば、「国際エチケット」でなくても良いではないか。そうかも知れません。ただ、今の日本には、これ以上の物がありません。それだけではなく、これからの日本に、必ず必要になります。

それを、伝承する立場となる、コンサルタントや講師の皆様は、日本だけではなく、世界のサポーターであり、社会貢献をしていると言うことになります。

これからの日本が完全に国際化を果たすには、あと100年はかかるでしょう。

だからこそ、「今」なのです。

その先駆けを歩めるこの立場は、実に誇り高く、一生失うことのない貴重なスキルとなり、また、日本では大変数の少ない、むしろゼロであるとも言える現代、「最初の一人」となることが、何よりも誇り高いことになることでしょう。

国際エチケットの 講師・コンサル・アドバイザーとなると、自分自身も勉強をし続けます。自分自身も輝き続けるトレーニングをし続けられる、という事になります。

しかも、仕事として働きながらそれが叶うとは、こんなに素敵な仕事はあるでしょうか?

それだけに留まらず、英語さえ話せれば、日本だけではなく、海外でも働くことができます。

そして、英語が苦手でも、様々な多様的な環境に上手く応じ、本来の意味で、影響力を持つ人になれます。

国際講師になれる講師・コンサル・アドバイザーになるには

53249240_2032344133551046_7357687919064121344_o

それでは、どこでそのスキルが習えるのですか、ということでしょう。

また、英語を話せなくてはいけないの?となるかもしれませんし、特別なスキルが必要?と思われるかもしれません。

実際には、どなたでも、やる気だけがあれば叶えることができ、特に英語力は問いません。国際マナーは、国際に関わらない方にも、人生の規範として学ばれる価値の高いものです。

国際マナーには、「自分と他者への尊重」があります。これは、国内でも様々な考えの人がいるなか、スムーズなコミュニケーションにとって、有効となる技です。

「本物の国際人」はまずその内面が伴います。

今まで「常識」だと思っていたことが覆されることもしばしばで、ビジネス上だけではなく、生活の上でも一緒です。

自分自身と他者を認め、広い視野と能動的な考え方、積極的で尊重的となる事が必要です。

挨拶や、言葉の使い方も、国によってはもっと積極的に、国によっては消極的にしなければなりません。日本のように、「黙っていれば察してくれる」ということは、まずありません。

その為、様々な環境に上手く応じられる様になります。

そういった、内面からの変化が必要となる事を伝えていくには、自分自信もそうならなくてはいけません。そして、それはどんな場所にも適用できます。。

マインドから変えてくれる、そんな完璧なトレーナーに出会えるか、それが貴重な鍵となることでしょう。

最後に、周りに影響力を持てる存在=周りをサポートできる存在は、自分自身の存在感と自信にも繋がります。人に感謝され、頼られ、認められながら自分も成長でき、自立でき、社会貢献となる素晴らしいキャリアになります。

より良い世の中を作っていきたい、誰かの役に立ちたい、自分も成長し、幸せになりたい。そんな願いが叶います。

努力は必ず報われます。

皆様の始める勇気と自信に繋がるメッセージとなりました事をお祈り致しております。

1


国際マナーズ・エチケット・プロトコールの本物を教えるトレーナーがあなたをしどうします。国際マナーズ・エチケット・プロトコールの本物を教えるトレーナーが指導する専門校はこちら

英国校認定東京国際クロスカルチャー・プロトコール専門校

 

関連記事

  1. クロスカルチャーとは ダイバシティに必須な知識とスキル

  2. プロトコール・マナーズ・エチケットの違いを知ることから

  3. 国際会議テクニック:その2 日本企業の特徴

  4. 今まで日本になかった完全総合専門校 本物の国際スキルを養成 

  5. 1月からの新講座年末割引:英語・国際マナー特別講座

  6. なぜ今の時代は国際スキルを身につけるべきなのかを本当に理解している?な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。