「できる人」の秘密の技 グローバルで成功する人の共通点 なぜあの人はできるのか知っていますか?

「あの人はなぜできるのだろう。どうして自分と違うのだろう」そう思った事はありませんか?
国際的な環境において、「自分はどうしてちゃんと振る舞えないのだろう」「どうしてそわそわするのだろう」そう思いながら、何となく国際的な環境を乗り越えていませんか?
その「何となく」ができる人ようにも言えている人が、絶対に何となくこなさない事なのです。一体、できる人は何をしているのでしょう?

語学だけではない 人が知らない簡単な事をしている

「きっと英語が堪能だから」「きと海外に住んでいたから」「たまたま〇〇だから」だから自分にはできないけれど、あの人にはできるのだ。

そう言い聞かせてはいませんか?

できる人がしている事は、実は、少し学べば誰にでも、簡単な技です。ですので、それを学ぶのか学ばないのか、実践するかしないか、それだけが異なります。

できる人は、コミュニケーションの秘訣を勉強し、身に付け、練習をし、素敵に振る舞い、周りと異なった「できるそぶり」を見せる術すら持っているので、余計にそう見えるのです。

普通の人は、小さな事を、「大した事じゃない」「これを変えても結果にならない」「誰も見ていないはずだ」そんな風に考え、小さな事に気を使わず、また、会話や挨拶なども、「英語ができればできる」そう信じて、肝心な、「正しい振る舞い」を学ぶ必要性に気がつきません。

ところが、できる人は、まずはその小さな事への拘りが異なります。以下を見れば、「なんだそんな事なら自分だって」そんな風に思う事でしょう。ところが、国際コミュニケーションにおいては全く異なるルールが存在するのです。

  • 挨拶の仕方を知っている
  • 話のタイミングを知っている
  • 話の終え方を知っている
  • 正しい服装を知っている、またその意味を知っている
  • 正しいアイコンタクトを知っている
  • アピールしないアピールを知っている
  • その場で何をすれば次に繋がるかを知っている
  • フォローアップの仕方を知っている
  • 立つ位置を知っている
  • 主催者を知っている
  • キーパーソンへの話し方を知っている
  • やってはいけない事、やるべき事を知っている
  • 考えるべき事を知っている
  • 会話の仕方を知っている

これらに全て、「ルール」が存在し、それをチェックリストのようにこなしているのです。

「こんなのできるし知っている」と考える人は大抵できていません。できる人は、自分が何を知らないか、知っているのです。

できる人はどこで・いつ・何を・学んでいるのか?


できる人とできない人の大きな違いは、考え方と行動です。

できる人は、自己向上を止める事はありません。常に、上を目指し、常に学ぶの気持ちを忘れず、小さな事が大きな事を変える事を知っています。
できる人は、いつも学べる事を探し、常に学んでいます。時間は自分で作り、学びの機会を逃す事はありません。自分の直接的な利益だけではなく、間接的な利益に繋がる学び方をします。
ICPAで国際教養を学ぶ人は、その「できる人」ばかりです。仕事もキャリアを積み、常に学ぶ中、「これは最高の自分磨きである」「ずっと学び続けたい」「これが成功の鍵ではないか」と言います。
できる人は、マナーの重要性を知っています。それが、単純に人に迷惑をかけないものであったり、自然と身に付けるものなのではなく、プラスに働かせなければいけないことという事も知っています。
そしてそれは、「気遣い」ではなく「義務」という事を知っています。
その学びの中で、自らの大切にすべき事を学び、仕事やプライベートで練習をし、交流の会となれば、ここぞとばかりに、学んだ事を実践し、練習し、ものにしていきます。
その小さくみえる大きな努力を継続しているから、成功し続けるのです。

考え方が異なる


成功する人は、そもそもの考え方が異なります。無駄な思考がありません。
ポジティブな人は失敗にもポジティブです。成功する人は、失敗したときに「チャンス」だと思います。失敗には学ぶことが多いからです。
チャンスなのですから人のせいにしません。むしろ、「ありがたい!」と感じ、努力し続けます。
そして、誰かの失敗のせいの失敗であっても責めることはせず、解決策を見つけて改善します。ですので、失敗をしながら成功していきます。そして、その価値や、その導線を知っています。
諦める事を知らない為、成功するまでやり続け、成功しても、新しい目標に向かって努力をし続けます。

努力を惜しまない


成功する人は努力を惜しみません。
失敗に対面するとは、普通の人には苦しい事でも、成功する人には、チャンスであり、努力を惜しまない理由となる為、喜んで取り組みます。努力の先に必ず褒美があり、努力は実になることを知っているからです。
もしかしたら、成功している人は余裕があって、何もしていないように見えるかもしれません。でも、その裏には必ず大きな努力があります。
「何もしてません」と聞くかもしれませんが、本人は努力が足りていないと感じるからそういうのかもしれません。実際は、夜も寝ずに働いていたり、勉強していたりします。
成功者に努力をしない人はいません。しかも、努力と感じないくらい楽しんでいるのが、その人たちの共通点です。

国際的な活躍に必須の技を何か知っている


グローバルで成功する人は、何を学ぶべきか知っています。

  • 英語の取得:学び続け、常に上達していきます
  • 国際教養の取得:時間を見つけては国際教養を学びます それが、最高の会話のネタになる事も知っています
  • 国際ニュースに敏感:教養と同様、国際的な動きに敏感です また、それに対する理論的な考えを持っています
  • 国際マナーを身につけている:日本人はほとんど知らない国際マナーを身につけています そしてこれは自然には身につかず、学びが必要だと知っています
  • 国際ビジネスの常識や振る舞いを身につけ、自己向上を欠かさない
  • 常に積極的な態度で臨む
  • よりできる人は、国際プロトコールに精通している

自信を持っている


成功する人は自信を持っています。
このような振る舞いから自信を身につけ、それがオーラとなり、他人への注目になっているのです。
できる人は、どうやって自信を持つのかも知っています。自信が自然に生まれるわけではない事も知っています。そして自信はオーラとなり、他者へ影響する事も知っています。

知識=経験=自信=信頼

という事を知っています。
現代の国際社会で成功したい、と願うのであれば、まずは、基礎的な事から学ぶ事でしょう。知識は当然ながら、知識が伴う行動がなければ成り立ちません。その行動は経験から生まれ、経験するから、ものとなり、それが自信へと繋がります。
[activecampaign form=1]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です