グローバルマインドとは誤った表現である 日本の常識は世界の非常識 まずは正しい言葉を使うこと

「グローバル化」「グローバル人材」などの和製英語がありますが、これを「和製英語」で不自然と感じれば、国際人の感覚であるとも言えます。

「グローバル」とは、「地球」という意味であり、直訳するのであれば「地球人」となります。正しくは、「国際人」となります。そのため、大変不自然な言葉です。

Travel the world monuments concept

見えないマインドを効果として見れないのは、人事としてはとしての力不足かもしれません。細かいふるまいや言動を観察すれば、それをすぐに見抜くことができます。

グローバルマインドではなく「国際意識」

もしも、どうしても英語にしたいのであれば、「インターナショナルマインドセット」飛んるでしょう。

「グローバル」としたほうが聞こえが良いとか、なかなか、「国際的」になれない日本人に仕方なかったのかもしれませんが、現代は、この間違った表現を極力使わないことが大切でしょう。

まずは、「正しい英語」が基本です。

また、カタカナの和製英語は、どことなくいい加減に見えるもので、これが日本の国際意識を弱めているとも言えるでしょう。

国際意識が何故必要か?

Zwei lachende erfolgreiche Frauen im Gespräch: Büro

今の日本は、世界とともに転機を迎えています。そして、国全体が「国際化」をうたっています。それは、外貨に頼らなければやっていけない時代がやってくるからです。

同時に、日本には優秀な人が沢山います。世界有数で、優秀です。けれども、その「国際感覚」からかけ離れた考え方や常識により、その優秀素材の可能性が国際に留まっていることは、日本経済の発展を止めています。

日本の美徳とされている「沈黙」も国際的には通用しないことにも、認識が必要です。

企業は国際知識が少しでもある人材を求めます。

個人もそんな企業に雇われたいがために国際知識を勉強しようとしています。沢山の人が四方錯誤しながら国際スキルの欠陥問題に面しています。

日本は、世界の中でも珍しいくらいの独特な国です。それをしっかりと認識し、意識改革が必要であることを、2020年前の今だからこそ、変えていく時なのです。

国際意識を身につけるには

Flags

まずは、何故国際的になる必要があるのか考えた上で、とにかく、「まずは自分を知る、自国を知る」ここから始まります。

また、「日本の常識は世界の非常識」と言いますが、それは、単純に日本人が争いや面倒を避けるために、目を瞑ってきた非常識な行動が、いつしか「常識」に変わってしまっただけのこと、だという認識も持つことでしょう。

国際人スキルを身に着けた日本人に教えてもらい、トレーニングを受けることが重要で、意識改革は1,2年で終わるものではないので、しっかりと時間をかけていくことでしょう。

自分や企業を変えることではなく、磨き、自信と可能性をのばすことなのでしょう。

(2019年6月リライト)

真の国際人養成校はこちら 講座一覧

関連記事

  1. 日本人としてのアイデンティティを守り生かしながら世界へ伝えていく力

  2. 国際マナー・エチケット・プロトコール本質をどこで学ぶのか 本物が学べな…

  3. 目的を明確にすることで、成功へと近づける

  4. クロスカルチャーを学ぶとは国際交流の基礎を学ぶこと

  5. 国際コミュニケーションスキル令和天皇皇后両陛下から学ぶ

  6. 国際的な生き方

Email Letter

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Translation

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。