日本人が知らない国際マナー:重要性を知らず批判の嵐の日本人 挨拶や握手のタイミング 紹介の順番 名前の呼び方 スモールトーク 

日本人は国際マナーを殆知らない人が多く、また知らない事自体を知りません。英語しか学ばない日本人が一番見落としがちの国際マナーは、単なる「マナー」ではなく「国際常識」です。そのため、それをしないことが大変な失礼となり、プライベートは愚か、ビジネス上の信頼も失います。国際コミュニケーションの基礎中の基礎が、国際常識なのです。

何故日本人は国際常識に無頓着で常識を知らない事を知らないのか

英語だけは勉強しする割には、国際常識に無頓着の日本人は、外国へ行くと知らずと周りを不愉快な気持ちにさせてしまったり、知らずと恥をかいていたり、更には、ビジネスの不調へも繋がっています。

日本人は、何故もこんなにも国際常識に無頓着であるのでしょうか?

まずは、当然のことながら、日本は大陸とは遠く離れている島であるため、「常識知らず」の危機を感じる機会がありません。また、英語であれば、「できた、できていない」が明確であるため、学ぶ気持ちになりますが、周りが教えてはくれない「常識」に関しての必要性を、実感できる機会が少ないからです。

けれども、日本国内同様、常識ができる人はできていない人を指摘することはありません。心の中で「この人は常識がない人」と思うだけです。

実際に、国際交流の多い私は良く、こんな事を耳にします。

「日本人は何故これができないのだ?」

「日本人は何も知らないのか?」

「日本人は礼儀正しいと思っていたのだが、こんな事があった」

日本への良いイメージとは裏腹に、思わぬ常識知らずの日本人の態度には、批判の声もあります。


日本の常識は世界の常識だとどこかで信じている

foreignerpeople2.jpg

「日本は神の国だ。だから日本の常識は世界の常識だ。」とまでは言わなくとも、心のどこかにその意識はあるとも言えます。

例えば、握手の重要性を知らない日本人は、お辞儀をすれば通じるだろう、と勘違いします。ところが、そのお辞儀が、とてつもなく失礼になることもあるのです。

何も考えずに、出した、ボディランゲージや、目線の位置、「アイコンタクト」をしているつもりがいやらしい目つきに思われたり、笑顔で接しているつもりが、「ニヤニヤして変な人」と思われたり、紹介順番を間違えて、「なんて失礼な人なの?」と思われたり、西洋人なら下の名前が良い、と勘違いして、性を呼ぶべき人を名前で呼んでしまったり。

これらの失敗をしても、「知らなかったで許してくれるはず。許さないほうがおかしい。」そう信じているのが日本人です。


間違いに関しての批判は日本人が思う以上に大きい

You-will-never-get-a-second-chance-to-make-a-first-impression-1

しかし、特に西洋においては、「企業」ではなく、「個人」をみて全てを判断するため、「この人は常識がないな」=「この人の企業には仕事が頼めないな」という感覚を持たれます。彼らは、その企業の前に、目の前に立つ人をみて、全てを判断します。

それは、このようなことです。

  • 服装は?
  • 歩き方は?
  • 挨拶は?
  • 握手はちゃんとできているか?
  • 声の大きさは?
  • スモールトークの内容が不快ではないか?
  • 目線は?
  • ボディランゲージは?
  • 会議の姿勢は?
  • 仕草は?
  • 一般常識は?(国際)

内容を聞く前に、これらを感覚で受け止め、その人をとっさに判断するため、この時点で失敗をすれば、いくら良いことを言っていても信頼されません。

日本人は、何でも受け入れてしまうため、「自分が受け入れられないことがある」と信じられないかもしれませんし、それは「差別」とも思うかもしれませんが、これは、全て第一印象で決められてしまいます。

そして、一度舐められれば、修復は難しいと言えます。何故ならば、外国人は日本人ほど柔軟ではないので、「これ」と思えば、感じれば「これ」であるのです。

英語とともに学ぶべきものは何よりも国際マナー・常識である

 

何をそんなに恐れているのか、というほどに、この至って簡単な学びを避けようとする人が多いようです。いくら英語を勉強しても会話をしても、ギクシャクして自信が持てない、海外とのやり取りは苦手、それであれば、単純に、「国際常識」を知らないだけなのです。根拠のない自信があったり、学んだ事もないし、何となく日本方式でなんとかしているなら、恥をかいている事を知らないでしょう。

国際マナーとは。日本人が認識する「マナー」とは異なります。学ばなくて自然意味につくものでもなく、特に、国際的な環境ではない日本にとって、学ばずと身につくものでは絶対にありません。

国際マナーを学ぶ時に気をつけること

Fotolia_170667409_Subscription_Monthly_M.jpg

では、「国際マナー」を学ぼう、と検索してみると、いくつかスクールが出てきます。しかし、ここでまた気をつけなければいけないことがあります。

それは、「偽物」の存在です。目立っていたり、華やかだったり、逆に個人の「お教室」は、全て「偽物」と言っても過言ではありません。

国際マナーと外交儀礼のプロトコール混合していたり、ただのテーブルマナーだけであったり、ビジネスと言ってもただのおままごと教養だったりします。

ビジネスや国際教養としての真剣な学びの場所は非常に数少なく、当校は、国際認定も受けている日本唯一の総合学校です。これ以上のスクールは他にはないことでしょう。

国際常識を今すぐに学ぶこと

fotolia_228067520.jpg

それが、今の日本人にとって、絶対的に必要なことなのです。

日本唯一の総合学校はこちら

各種課程はこちら

メール登録

説明会+小講義説明会+小講義

 

You-will-never-get-a-second-chance-to-make-a-first-impression-1.jpg

関連記事

  1. 未来を変える講座 国際ソーシャルエチケットプログラムで国際常識・教養を…

  2. 1日の5時間を無駄にして、100時間残業するサラリーマン

  3. 国際マナーとは国際教養であり世界の常識 日本の常識は世界の非常識

  4. グローバルマインドとは誤った表現である 日本の常識は世界の非常識 まず…

  5. 国際マナーでどの国へ訪れても最高のおもてなしを受ける3つの鍵 それは差…

  6. 国際マナーとは、生活の上で必要な所作

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。