クロスカルチャーコミュニケーション術とは外交上最も必要な文化の差異を超えたコミュニケーション即ち究極の国際コミュニケーション術

クロスカルチャー技能とは「グローバルスキルの基本中の基本」です。「クロスカルチャー」と聞くと、「カルチャー」=「文化」=「遊び」=「必須ではない」この様に感じられる方が多いようです。しかし、実際にCross-Cultural Communication トレーニングは、外国では常識的に学校や企業で行われ、この違いこそが、日本がなかなか国際化しない最もな原因となっています。

クロスカルチャーコミュニケーションの正しい意味

IMGBIN_cultural-intelligence-culture-cross-cultural-organization-multiculturalism-png_ejEb6BtR.png

「プロトコール」=外交儀礼=外交常識 に関しても、明治時代に西洋から伝わり、現代要約言葉だけは聞いたことがある程度となりました。しかし、その意味の理解も遠く本来の意味からかけ離れているように思えます。

プロトコールも、外交上必須の知識でありますが、能力として英語同様に必要である技能は、「クロスカルチャー技能」にあります。これは、属に言う「グローバルスキル」「グローバルマインド」「異文化交流」などに近いものであり、また、より正式且つ、国際水準の技能なのです。

片仮名にすると、どうしても日本人の感覚では理解が難しいこの技能ですので、当校では、「国際対応技能」または「国際技能」と翻訳をしています。

ここで間違えてはいけないことは、「クロスカルチャー」をそのまま直訳で理解しないことです。「クロスする」「カルチャー」とすれば、単なる、「文化交換」という感覚となり、直接ビジネスと関わりがないと勘違いを起こしてしまいます。

「クロスカルチャーコミュニケーション」とは「文化の差異をとび越えた世界水準のコミュニケーション」という意味です。

要するに、この言葉には以下のような意味があります。

  • 国際常識である
  • 異国のビジネス文化を理解すること
  • 異なった文化を持つ国との交渉力に繋がる
  • 相手も英語が話せるとは限らない為、最も必要となる国際用語である

 

どんな場面でクロスカルチャー技能を使うのか

IMGBIN_culture-cross-cultural-communication-cross-cultural-sensitivity-cultural-diversity-png_azKy5qjj.png

それでは、そんな場面でこのスキルを利用するのか、というところですが、それは、国際コミュニケーションが必要とされた場面です。

例えば、交渉の場、欧米の人たちは、合理的で直接的で積極的で、時には攻撃的感じられることもあるでしょう。Lower Context の国々の人達との交渉事は、Highest Contextの日本人には工夫が必要です。

そして、この図からすると、Lower Contextの国々の方が、経済発展がしていることを見受けられます。

世界的にみても経済発展をしている日本が、最も難しい国である点は、非常に不自然であり、当然Lower Contextの国々の人は、日本も自分たちと同じビジネス常識と感情の中で、交渉事をしていると感じるわけです。

交渉事で合理的に戦略的に積極的にすすめる外国人に対して、トレーニングを積まない日本人はどう対応してしまうかというと、そのまま、流されてしまったり、何も言えなくなってしまったり、逆に感情的になって怒り出したりしてしまったり、要求を押し付けたり、それは自分の「英語力のせい」と勘違いしてしまいます。

ここでもし、そうではなく、相手の性質であるとまずは理解をし、合理的に物事を考え相手国の特徴を知っていれば、簡単に相手を納得させながら、自分たちの要求を通すことができるのです。

現在は、良くある交渉事では、「日本人はおとなしいのに要求ばかりするからフェアではない」「何を考えているかわからないから一緒に仕事をしたくない」

この様に思われることが殆なのです。

そんな誤解も、簡単に解くことができます。

 

英語よりもずっと早く取得でき英語よりも効果の高い究極の国際技能

b8f0c9a80d2d325706c11c8b9fab3aec

「でも、非常に高いスキルだから、今の時点ではまだ無理」

そう思う人も少なくはありません。

また、英語をできないと思いこんでいる人も非常に多くいらっしゃいます。まず、英語は英検3級レベルでコミュニケーションレベルですから、それ以上は「慣れ」の問題であり、慣れれば、英検であれば2級などは、日本人であれば大概の方が持てます。それだけあれば充分「英語を使えます」と言えます。

英語は、完璧にできるようになろうとすると、それは叶いません。誰も英語を完璧に話す人はいません。10年くらいすると、流暢な英語にはなることでしょう。けれども、上を見ればきりがないのも、言語の特徴です。

但し、英語含め、言語はとにかく時間がかかりますので、勉強は継続が必要です。

クロスカルチャー技能は、英語と比べて遥かに短時間でこの技能を得ることができます。

実際に、当校の初級は30時間で国際コミュニケーション基礎、中級は35時間で実践的な国際クロスカルチャーコミュニケーション、上級は15時間+で、国際コミュニケーション技術上級です。1年ほどで身につけることができます。

勿論、他国理解ですから、1日2日で叶うことではありませんが、英語が苦手でも、他国とのコミュニケーション方法を知っていれば、いくらでもスムーズに国際対応ができるようになるのです。

 

日本の国際化に絶対的に必要なスキル

立ち止まって話をするビジネスマン

英語は、もう既に何年も何十年も勉強している日本人に足りないのは、英語力そのものではなく、国際意識と国際技能である、このクロスカルチャーコミュニケーション技能にほかなりません。

これが足りなかったから、日本は国際化できていないのです。

これから、限りなく必要なスキルであり、早いうちに身に着けていれば、日本だけではなく、海外で活躍できたり、企業であれば、企業ごと海外進出も安心して現実化できます。

日本で、当校だけがクロスカルチャー技能を専門的に教えています。他にはない、海外でも実施している研修の内容をそのまま受けられるため、国際意識をも上げることができるのです。

国際化が必須となる今だから

国際ビジネスクロスカルチャーコミュニケーション技能講座

 

 

 

 

関連記事

  1. クロスカルチャーとは?多様性に対応する今の時代に英語よりも大切な国際ス…

  2. なぜ国際マナーを学ぶのか 目的意識が結果を変える

  3. 国際マナー:日本人が知らない握手の正しいやり方4ステップ

  4. 【相手より有利に外国企業と契約が取れるようになる】 180カ国のビジネ…

  5. 国際教養や国際マナーは英語よりも効果が高く早く取得できるもの 英語は1…

  6. プロトコール・エチケット・国際マナーはビジネスにも生活にも外交にも役立…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。