【令和時代に求められるのは真の国際化】日本初で唯一の国際スキル養成プログラムは国際認定 ここでしか学べない誰も知らない正しい国際常識を伝える

「どうしてあの人はできるのだろう?」そう思ったことはありませんか?「アジア人だから相手にされない」そんなふうに感じていませんか?人種は関係ありません。関係あるのは知識と嗜みと自信です。

日本ではまだ知られていないクロスカルチャーのプログラムは、海外では当たり前に習う国際常識。今だから学ぶ意義がある貴重な学習なのです。

令和の時代が始まり、国際的なご経験の豊富な天皇皇后両陛下の皇室外交も世間では注目をされておりますが、まさにそれこそが日本でこれから必要なスキルとも言えるでしょう。当校では、誰も教えていないその秘訣を教えています。

https://idcglobal.co/ ICPA国際認定総合国際技能プロトコール専門校

運営:株式会社IDC.International

世界180カ国を網羅

国際プロトコール www.idcglobal.co国際プロトコール www.idcglobal.co

ICPA国際認定総合国際技能教養プロトコール専門校は、パイオニアとして日本で初めて、海外で常識的に学ばれているクロスカルチャーの研修を個人向け、企業向け、大使館向けに開催しています。国際的なスキルが総合的に得られる専門校は今までありませんでした。

世界中からの国賓をお迎えされた天皇皇后両陛下の素晴らしい外交のお嗜みは、国際技能を学ぶことで身に着けることができます。外国文化を理解することは、精神を理解し、心を通わせる事から始まります。お互いの国を尊重し、その上で外交やビジネスを進めていく力なのです。

国際ビジネスや文化交流に置いて必要なことは、自国と他国を知ることにあります。ところがそれは理解があっても、実際に自国を語れ、他国の精神を理解出来、コミュニケーションが取れているか、というと、都合が悪いことがあれば、直ぐに「文化の違い」で片付けてしまう事ばかりではないでしょうか。

本当の国際コミュニケーションとは

国際プロトコール・国際ビジネス・外交・国際コミュニケーション www.idcglobal.co国際プロトコール・国際ビジネス・外交・国際コミュニケーション www.idcglobal.co

英語ができることが国際力を高めることなのではありません。

日本人は殆どの人が、必要最低限の英語を知っています。コミュニケーションには充分なレベルである語学力です。しかし、口に出そうとしません。それは、「間違えたらどうしよう」という不安からでもあり、練習不足という点もあります。

ところが、世界には英語を話さない国は沢山あり、英語自体が解決してくれる訳ではない事がよく分かります。例え、英語を話す国であっても、国が変われば、同じ言葉も別の意味となったりする経験をされた方も、少なくはないでしょう。

実際には、言語そのものよりも、例えば服装、ジェスチャー、アイコンタクトなどの方が大切で、特にその国の挨拶の仕方をできるだけでも、心を通わせることができるのです。

国際的な振る舞いが差をつける

国際マナー・国際コミュニケーション・国際ビジネス www.idcglobal.co国際マナー・国際コミュニケーション・国際ビジネス www.idcglobal.co

国際的な人を見て、「なにか違う」と感じたことはありませんか?
その「何か」は一体何なのでしょうか?内側から滲み出る「オーラ」あれは一体何なのでしょうか?
「英語」でしょうか?

国際力のある人は、確かに英語を話す事が多いかもしれません。けれども、それは「英語ができたから国際力が身についた」のではなく、「国際力があるから英語が流暢になった」と言った方が正しくなります。

国際力とは、まずは国際コミュニケーションの事となりますが、国際コミュニケーションで、片言の英語と、伝わるジェスチャーと正しい挨拶をしていれば、それだけで、相手は信頼をしてくれるようになります。

信頼を得られると安心するので、間違いを気にすることなく、下手な言葉でも使えるようになります。そして、そのうちその言葉が上達し、いつの間にか、英語も上手くなります。

反対に、英語が完璧はないために、その、国際コミュニケーションの基礎を無視して接しても、相手の心は打てず、悪い時には不快な思いにさせてしまいます。

「全ては正しい振る舞いにある」

ということなのです。

振る舞いとは単なるマナーではない

ここで勘違いが起こることがあります。「振る舞いであれば、マナーではないのか」
確かに、振る舞いにマナーは大切です。しかし、日本では「マナー」と言えば「女性の習い事」という印象があり、国際的に活躍する男性が身につけようとしません。

実際には、国際的に活躍する、外交に関わる、全ての人に必要な振る舞いであり、現在の日本人が理解している「マナー」ではないのです。列記とした「国際力」であり、そのコミュニケーションはどこから来るのか、それは、文化の理解の前にある精神の理解、常識の理解、合理的な理解、自国の理解、合理的で理論的な説明力、などになるのです。

海外では、「黙っていれば相手に伝わる」「空気を読んでくれるはず」という期待は全く通用しません。反対に、「この人に意見がない、子供っぽい、信頼できない、嘘つきである」という印象を与えてしまうこととなります。

それを解決するために英語を学んでいたとしても、それは言語の問題ではないため、解決には一向に向かいません。英語を話せるだけでは、それをこなすことは、もはや「不可能」なのです。

クロスカルチャーとプロトコールこそが最重要である

国際ビジネス・外交・儀礼・プロトコール www.idcglobal.co国際ビジネス・外交・儀礼・プロトコール www.idcglobal.co

「今だからこそ」絶対的に必要な国際スキルは、全てここに隠されています。日本で伝わる「プロトコール」は「日本プロトコール」であり、「国際プロトコール」ではありません。また、最近では偽物が多数に出回り、間違った認識をしている人が非常に多いことも残念な事実です。

日本プロトコールは勿論、それだけでは足りず、国際プロトコールを身に着けることこそが、「真の国際化」に繋がるのです。

企業研修・大使館研修
https://idcglobal.co/corporations-embassies

個人講座一覧
https://idcglobal.co/archives/work

説明会セミナー・ミニ講座
https://idcglobal.co/seminar-2

https://idcglobal.co/
ICPA国際認定総合国際技能プロトコール専門校

運営:株式会社IDC.International
電話:03-6403-3979 (代表直通/Direct)メールアドレス:contact@idcglobal.co

関連記事

  1. 今まで日本になかった完全総合専門校 本物の国際スキルを養成 

  2. 国際教養や国際マナーは英語よりも効果が高く早く取得できるもの 英語は1…

  3. グローバルマインドとは誤った表現である 日本の常識は世界の非常識 まず…

  4. クロスカルチャーを学ぶとは国際交流の基礎を学ぶこと

  5. 国際会議テクニック:その2 日本企業の特徴

  6. 国際会議で勝つ その4:ファシリテーターに求められる役割とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Email Letter

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Translation

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。