30歳過ぎたら知っていて常識 国際教養の国際マナー・プロトコールはいつ学ぶべき?

海外の人は、何歳で学ぶのですか?欧米の良い教育では、8歳になると教養を教わり、18歳では一人前の紳士淑女のスキルを身に付けます。

日本は、そんな少年少女たちですら身に付けている国際マナー・教養を身に着ける機会がなかったのです。意識をすれば普段の生活で身に付く日本のマナーとは訳が違います。

気づいた今、遅すぎないうちに始めなければ、チャンスを失います。

国際マナーは30歳になる前に本気で考えるべき

後回しにしてはいけない「国際マナー」の学びは、できる限り20代で取得していたほうが良いものです。実際に、海外の良い家の方は、18歳までに取得しています。

30歳になってしまうと、全ての行動が自分の責任へと変わっていき、誰も教えてくれず、その先も誰も教えてくれず、そのまま歳を重ねていく事になるのが、30歳でしょう。

40代であれば当然知っているべきこと、50代であれば、知らないとは恥ずかしいと考えても良いものです。

「自分は知っている」と思い込み、後回しにしがちになる点も、国際マナーの特徴です。しかし、日本マナーならまだしも、国際マナーは生活している上で自然に得られることではありません。

なぜここで、エジプトの画像が掲げられているか、ピンと来なければ、学んだ方が良いでしょう。

なぜ国際マナー・国際教養が現代の国際社会で重要なのでしょうか?

国際マナー・国際教養・国際ビジネス ウェブサイトはこちら


国際常識を知らないことは恥だと知る

business lunch meeting

「国際マナーを習う前に英語だ」と考えているのであれば、それは今すぐに変えたほうが良い考えです。

何故ならば、英語の完全な取得を待っていれば、10年20年30年、一向に国際コミュニケーションを取れるようにはならないからです。

英語を学ぶ目的は「英語で海外とのコミュニケーションが取れるようになる為」であり、自己満足が目的ではないことでしょう。それであれば、早いうちに「国際コミュニケーションを取る方法」を学ぶべきなのです。

英語は大切ですが、日本人は基礎的な英語は知っている場合が多く、それよりも、「コミュニケーションを取る」という意思がまずは必要なのです。

また、その目に見えない「意思」をどう学ぶかがポイントで、「日本人は文化がそうだから話さないのだ」と片付けてしまえば、一向に国際コミュニケーションを取ることはできないのです。


「自信」「知識」「やり方」を知る

先生や外国人から「とにかく失敗を怖がらず声を出すこと」と指摘されたことはありませんか?

遠慮していたり、間違いを恥ずかしいと思っていたり、単純に文章構成ができていなかったりするのかもしれません。

それでも、「間違いを怖がらないでください。」「間違えてもいいからなにか言ってみてください」そう言われて、いやいや言葉を発した経験はありませんか?そこに違和感を感じませんでしたか?

反対にそれで間違いを怖がらずに言葉を発せるようになれた、という方もいらっしゃるでしょう。けれども、だからといってそれで本当に国際的なコミュニケーションが取れるようになったと言えるのでしょうか?

うまくいかなかった時に、「なぜうまくいかなかったのだろう。文化の違いか。」そんな事で片付けたりしませんでしたか?

実は日本人は、「上手くいかなかった事」を怖がる割には、上手くいかなかった場合にどうしようと解決方法を見つけずに、英語のせい、文化のせい、などで片付けてしまいがちなのですが、本当はそうではないのです。

国際コミュニケーションの知識とやり方を知ることが自信へ繋がり、上手くコミュニケーションを取れるようになります。


国際コミュニケーションの鍵

「マナー」という言葉が勘違いを生みやすいことも分かります。人は、「マナーは生活で自然と身につけるものだ。」と信じがちです。確かに、日本のマナーはある程度はそれでも通用するかもしれません。ところが、日本マナーしか周りにない日本で、国際マナーが自然と身に付くのでしょうか?答えはNOです。それは絶対にあり得ません。更に、国内マナー以上に誰も教えてもくれません。

世界には、英語を話す人だけが存在するわけでもなければ、英語を話す人が全員流暢な言葉を話すわけでもありません。日本人よりも英語が苦手な大陸の国々でも、充分に国際コミュニケーションを取れています。

なぜでしょう?

「英語」が原因ではない。ということです。

言語が存在しない時に、人はどうやってコミュニケーションを取るのでしょう?

人はどんな時に、「この人を信頼できる」と思うのでしょう?

人は、何をしてもらったら嬉しいのでしょう?


言語を発さずにアピールする力

国際マナー・国際プロトコール・国際ビジネス・国際教養

言葉を発さずにどれだけアピールをできるか。ステータスに頼らずに、自分の価値を分からせるには?

「この国と対応するのであればこうしよう」

これができると、思いも寄らない速さでビジネスが進みます。これをクロスカルチャーコミュニケーションと呼びます。

但し、英語の学びは絶対に必要ですから、英語を学びながら国際マナー・国際教養を学ぶべきなのです。

そして、それが理解できれば、外国人への劣等感もなくなり、よりスムーズな国際コミュニケーションを取ることができるのです。


国際社会に絶対的に必要なスキルはこのスキル 身につけるなら「今」

学びに遅すぎることはありません。けれども、国際教養には「遅すぎた」という事が存在します。

これからの国際社会を支える年代の方々には特に、早めに取得をして頂き、自信を身につけ、世界に羽ばたいたり、世界ともに日本で生き、可能性を広げていきましょう。

ICPAは、初級から専門コース、海外研修までトータル的に開発した、日本唯一の国際認定、国際スキルの総合校です。

必ず人生を変え自信溢れる毎日となることでしょう

ウェブサイトはこちら

関連記事

  1. 国際教養・国際マナーは一生の宝 「何を学ぶかではなく、何を得て与えるか…

  2. グローバルマインドとは誤った表現である 日本の常識は世界の非常識 まず…

  3. 英語を使い間違えれば大変なことに。日本人英語あるある

  4. 日本人が知らない国際マナーの重要性を知らない日本人 挨拶 握手 紹介 …

  5. コロナウイルス対策による自粛 どう過ごせば良いの?こんな時だからできる…

  6. 社交会で女性から握手を求められて舞い上がってしまい 失礼な発言をしてし…

コースカテゴリー

カテゴリー

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。