国際教養・国際マナーは一生の宝 「何を学ぶかではなく、何を得て与えるか。そして誰に学び、誰と学ぶか」社交術は国際技能

国際教養・国際マナーの講座が一般の方に一番人気の講座です。国際教養・マナーを身に着けておくと、一生物の宝になり、自信に繋がります。また、意識せずともそれを楽しめるようになり、とても毎日が愉しくなります。さて、その学びはどのような意味があり、どの様に学ぶものなのでしょう?

最後に本当に感動したのはいつですか?教養勉強は本当に感動するものです。

国際教養・国際マナーとは?

当校は、「マナーの教室」ではありませんが、世界で社交界デビューまでもを可能にする、レベルの高い国際教養を教えています。

「マナー」と言ってしまうと、どうしても「やり方」やそれに伴い「批判」と言った、本来の目的である、「円滑やコミュニケーション」や「おもいやり」と言った素質を失いがちになってしまい、また、「誰かが決めた単なる形式で面倒なもの」と捉えがちとなります。

ところが、「国際教養」としての礼儀作法を学ぶと、その考えが全く浮かばず、物事がどうしてこの様におきたのか、どうしてエチケットやマナーと言ったものが生まれたのか、人間が何千年、何万年、太古に渡り大切にしてきた事を大切にするとは、どんな貴重なことであり、また、私達が普段生活する上で感じる様々な悩みごとは、なんて小さなものなのか、と思えるようになってきます。

そんな理解と精神のもとで学ぶことで、「国際教養」「国際マナー」を肌で理解し、実践する事ができるようになります。

日本人が知らない「本物の国際的な嗜み」の意味

物事には、「何故そうなったか」という理由があります。「何も考えずにマニュアルに従う」と言う日本独特の文化は、国際マナーや国際教養にとって、良い面もあれば、悪い面もあります。「形」だけを理解して、例えば、「それが正しく他は間違っている」、「こうでなければいけない」というような考えに偏ってしまうのです。

しかし、本来、国際教養・国際マナーは、国際コミュニケーションを円滑にするためのものです。世界には、沢山の人がいて、それぞれの考えや生活や文化があるので、「こうであるべき」という考えは生まれないはずです。

但し、「型」は絶対的に必要で、その「基盤」があるからこそ、崩していくことができ、個性が許され、オリジナリティのあるコミュニケーションと変わるのです。

ですから、「テーブルマナーを習いました」「パーティに参加しました」「外国人と話しました」程度では、国際的な嗜みがあるとは言えません。

何故、国際教養や国際マナーが必要なのか?日本人にありがちな誤ち

今ではもう、「日本の常識は世界の非常識」と言った言葉も有名で、認識はされています。それでも、「何が一体非常識なのか」を知らない人はとても多くいます。

例えば、日本人は意外と「タブー」な質問ばかりします。結婚ステータス、家族のこと、過去のこと、プライベートなお付き合いのこと、年齢、出産、年収、、、、、しかも、ニコニコ笑いながら聞いてしまいます。きっと本人たちは、友好的なつもりでしょう。

けれども。いくら仲良くなっても、こういった質問はタブーで、海外の人は良く、「何故日本人はあんなに失礼なんだ」と怒っています。それでも、それすら冗談に取ってしまうズボラさが日本人にはあります。

こういった事を知らないと、これからの国際社会で、恥ばかりかいてしまいます。

国際教養・国際マナーは、海外へ行く人だけが必要なのではなく、海外旅行したり、少しでも海外に触れる機会がある人、また世界の食事をする人は、誰でも知っておくべきことなのです。

国際教養・国際マナーをいったいどこで学べるのか?

大切な教養をどこで誰に学ぶかは、重要なポイントです。間違えがあってはいけません。

日本のいわゆる「マナー教室」では、ただのテーブルマナーやお茶のことや、その程度しか学ぶことはできません。

本格的な国際教養や国際マナーを「本質」をもって教えられる先生は、日本には殆どいません。できている人は、それを広めようという大変な事はなさいません。

また、断片的に学べるスクールならばどこかにあるかもしれませんが、結局は断片的で、全体を学ぶことは難しいのが現状です。

当校ですと、「総合的」な完璧なプログラムで、「本質」に拘り、ゼロの言葉の意味や、精神、歴史、伝統的な海外輸入の参考書類から国際認定の内容で教えることができ、また、日本人に国際スキルを教わると、心にストンと落ちてくるものです。

そして、当校では、教科書は中級以上では何百ページを超え、海外各国からの資料や認定資料を元に、受講生にしか渡さない特別オリジナル教科書で後も安心で、更には、入門・初級・中級・上級・認定スペシャリスト・エキスパート・経営、、など、どんどんステップアップできる、最高のプログラムがあります。

日本の国際化に全力を注ぎ、また教養講座は、日本の人を国際紳士淑女へとお育てしています。

クオリティの高い専門校で、そのブランドが人気です。

まずは、心の扉を開けて、その一歩を踏み出す勇気から

新しいことを学び、始めるとは勇気のいることです。けれども、気になるということは、心の声がその扉を開けるように導いているのです。

その声には従いましょう。

一番見落としやすいのは、学びに必要なのは、その内容よりもむしろ、「人」であるということです。

「誰に」学ぶ、それだけではなく、「誰と」学ぶかがとても需要になります。

素敵な生徒を持つ先生なら、間違いがないことでしょう。

初級をおわられた受講生のお声をお聴きください。

関連記事

  1. 日本人が知らない国際マナー:重要性を知らず批判の嵐の日本人 挨拶や握手…

  2. 国際マナー・エチケット・プロトコール本質をどこで学ぶのか 本物が学べな…

  3. 更に本格的な国際スキルを日本で取得。日本人に足りない国際人スキルとは?…

  4. 国際的な社交場 日本人にありがちな8つのNG行動

  5. 日本の常識は世界の非常識:日本人として恥ずかしくない行動とは? IQよ…

  6. 国際マナー:日本人が知らない握手の正しいやり方4ステップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。