国際会議テクニック: その1 はじめに

今では様々な方面でグローバル化が進んでおり、ビジネスや日常でよく行われるミーティングにも、グローバル化が必要になってきています。

しかし、日本人のミーティングの仕方は依然として、グローバル化に対応できてはいません。あまり発言をせず、目を閉じ、曖昧な返答しかしない、といったこれまで通りの日本式のミーティングのままです。

外国人は、ミーティングは「意見を戦わせ、合意を引き出す場」であるという明確な意思を持っていますので、ミーティングでは十分な準備と理論武装をしてきます。グローバルミーティングで日本人がなかなか外国人に太刀打ちできない理由は、ここにあります。

ミーティングは、ある目的を達成、実現するための共同作業プロセスですので、感情的な話し合いや場当たり的な受け答えだけでは、その目的を達成することは難しいでしょう。

この部では、日本人のビジネスマンが外国人とのミーティングで犯しやすいミスや、ミーティング観の違いなどを解説しつつ、こうした理論武装の外国人とどのように生産性のあるミーティングを行えるのか、その心構えとテクニックをご紹介します。

IDC.Tokyoが企業に提供する、実際のカリキュラムの内容をもとに書かれています。

 

関連記事

  1. グローバルマインドとは誤った表現である 日本の常識は世界の非常識 まず…

  2. グループ社会から自立した外交社会へ

  3. 国際的な社交場 日本人にありがちな8つのNG行動

  4. 国際会議で勝つ その4:ファシリテーターに求められる役割とは?

  5. なぜ今の時代は国際スキルを身につけるべきなのかを本当に理解している?な…

  6. 人材育成はコスト?利益にする人材育成

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。