You must first complete Day 7 Dress Code / Dressing the Man before viewing this Lesson
Please sign up for the course before starting the lesson.

イベントの種類をリストアップ。そのイベント種類に合わせたドレスコードが、そのイベントにあったドレスコードとなる。 ドレスコードのポイント 規定を守る上で、自分に合ったカットであるかも重要点年齢と共に、似合う服、色、形が異なる事も念頭に置く(5年前の服が似合わなくなる)着るものは時代によって変化し、流行りは上流階級が決める。王室、皇室の行動は国民の見本である為、ルールに関わらず「流行り」とされる事も多くある。また、王室、皇室のプロトコール破りは頻繁であり、その事情は庶民へは知らされない。服の基本ルールを元に、ドレスコードに合わせた着こなしが、いつの時でも最適である。招待上に書いてある事を無視しない (勲章は招待状に書いていない限りは「着用しない」など)服の流行りは、正装でも多少の流行りがあり、確実に正しい、間違っているを指摘しずらい時もある。その時代、その場所に合った規定に沿っているかも、重要となる。 欧米では特には、外見の見せ方で、その人の中身を決める性質もある為、着こなしは非常に重要な紳士の嗜みである。紳士が淑女をエスコートする際、女性に恥を欠かせない事も基本であり、女性のルールを知っている事で、エスコートをスムーズにできる。また、プレゼントなどの参考にすると良い。 服の歴史 服の力は、古代より認識されている事がよく分かる。機能性、デザイン性、見た目の印象全て網羅してこその着こなしである。 時代の節目の出来事により、服装も環境によって変わり、用途が変われば、スタイルも色も変わる。 「正しさ」は、ルール以上に「センス」が関係している事がよく分かる。 センスを磨くには、質も良い物を見る、触れる、身に着ける、という事で磨かれ、自信となる。 「服は語る」 […]

Back to: 国際紳士教養The Polished Gentleman Private Classroom#0010SYBR > Personal Image and Society Dress Codes