社交会で女性から握手を求められて舞い上がってしまい 失礼な発言をしてしまった日本人男性の結末

代表講師の村田真理です。

今回は、私がどうしてプロトコールをこんなにもお勧めするか。です。日本の教育では教えてもらえないこのプロトコールが、どれだけ国際人に必要か、述べておきましょう。

ずっと疑問でした。

続きを読む 社交会で女性から握手を求められて舞い上がってしまい 失礼な発言をしてしまった日本人男性の結末

国際マナーとは、生活の上で必要な所作

~マナーと聞くと身構える方が多い~

プロトコールマナー(外交儀礼)の勉強を始めた時、

「マナーと聞くと身構える人が多い」とよく聞きましたが、本当だな、と感じています。

続きを読む 国際マナーとは、生活の上で必要な所作

日本人が知らない握手の正しいやり方4ステップ

皆さんは、「正しい握手」のやり方をご存知ですか?日本は、握手の文化ではありません為、見様見真似で、間違った握手をしていると言うことをご存知ですか?

いちばん大切な挨拶から、完璧に行って、信頼をえませんか?

続きを読む 日本人が知らない握手の正しいやり方4ステップ

現代の人を動かしたい?21世紀はもう説得では人は動かない。

大切なのは、、

「テクニック」でもない
「脳科学」でもない
「心理学」でもない、、、

人は、人が思う以上に、「動物の勘」「感性」が優れているもの。

頭を使って支配しようとすればするほど、相手には感じられるものです。

続きを読む 現代の人を動かしたい?21世紀はもう説得では人は動かない。

国際マナー:レディファーストは男性の品格・格の証

<国際マナー:レディーファーストは男性の品格・格の証>

現在急変、国際化していく、またオリンピックにより外国人が日本へ入る機会も増える、どんどん個人主義で女性が活躍する中、

日本独自の文化の紹介とともに、日本の国際力を証明していく必要もあり、また少子化問題を解決していくに当たり、

「女性」への考え方も変化し続けている上で、知っておいたほうがよいのが、この原則です。

続きを読む 国際マナー:レディファーストは男性の品格・格の証

時には「和」を最重要視しないで、自分がどうしたいのか?が評価される

国際人には時には「和」を最重要視しないことも求められる

日本人の特徴の一つに、自分を殺して周りの意見に合わせなければいけない風習があります。これは、「和」を大切にする日本では、常識でありマナーでもあるため、本心は反対をしていても、申し立てないことが普通ですね。

ただ、この考えは、国際的には通用しないこともしばしばあります。逆に自分勝手に考えていた時のほうが、信頼を得ることも多くあります。

続きを読む 時には「和」を最重要視しないで、自分がどうしたいのか?が評価される

2020年に向けて本物の国際人としてやらなければならないこと-世界へ伝える力

日本人が国際人になること

2020年のオリンピックへ向けて、これから、ますます外国人の受け入れが多くなる中、すべての日本人が「国際人である」という認識を持つ時代がやってきました。

日本には、素晴らしく美しい文化と習慣と考え方があり、それを表現する必要はありませんでした。ところが、この価値観を世界に伝えきれていない現実があります。

続きを読む 2020年に向けて本物の国際人としてやらなければならないこと-世界へ伝える力

日本人としてのアイデンティティを守り生かしながら世界へ伝えていく力がグローバル人

「グローバルパーソンとはなんですか?」

こんな質問をよく受けます。

グローバル人とは、日本人としてのアイデンティティを生かしながら、世界へ羽ばたける人だと思っています。この、「日本人のアイデンティティを生かしながら」、これが一番、日本人一般には難しいことであるように思えます。

続きを読む 日本人としてのアイデンティティを守り生かしながら世界へ伝えていく力がグローバル人

グローバルミーティングで勝つ:その3 日本人のDNAとメンタリティ

日本人の特性に、「発言が控えめ」、「はっきり話さない」ということがあります。これらの背景には、「自己」の据え方が関係しているようです。この特性は一体どこで生み出されたのでしょうか?

続きを読む グローバルミーティングで勝つ:その3 日本人のDNAとメンタリティ

グローバルミーティングで勝つ:その2 日本企業の特徴

日本人がミーティングを運営したり、参加したりする様子は、外国人の目から見るととても特徴的です。「会して議せず、決せず」となって、結局は「会議」の目的を果たしていない、と外国人には見えるようです。

日本人にとって「会議」は、「物事を決める場所」ではなく「関係を作る場所」「決まったことを聞く場所」そういった感覚があります。しかし、この考えだと、グローバルミーティングでは勝ち抜くことができません。

続きを読む グローバルミーティングで勝つ:その2 日本企業の特徴