日本唯一英国にて認定 誰も教えていない本物の国際コミュニケーション

Flags

国際ビジネス・外交の成功は3つのスキルにかかります。

  • 国際教養用語英語

  • 国際水準常識

  • 国際スキル

クロスカルチャースキル、即ち、国際コミュニケーションスキルを生み出します。

国際コミュニケーションで評価されることは以下になります。

1,プロフェッショナルな印象 (態度、着こなし、第一印象)55% 

2,プロフェッショナルな会話 (声、表情、言葉)38%

3,技術7%

ダイバシティを歴史的にも先行するイギリスから学ぶ国際スキルは、現代の日本の国際化に大いに役立つ必須スキルです。

急速な国際化を求められる現代に絶対的な必要なスキルは、言語の他、国際マナーとクロスカルチャー(国際コミュニケーションスキル)にあります。

ハーバード大学やスタンフォード大学、またカーネギーの研究でも、「ソーシャルスキル(コミュニケーションスキル)が成功の85%を締めている」と言われています。


 

こんなお悩みを解決します

  • 使える英語と国際コミュニケーションを育成したいが、それは何かわからない
  • 海外就任で結果を出したいのだが、社員育成をどうするべきか
  • 実践的な研修を求めているのだが、どこもやり方しか教えない
  • 商品もサービスも良いが、海外で上手くいかないのだが
  • 契約を決める社員が少ない 結果を出したい
  • 外国人を採用するが、なかなかなじまない
  • 外交スキルが必要だが良い講師がいない

Zwei lachende erfolgreiche Frauen im Gespräch: Büro

よくあるお悩み・問題・解決


講義内容

資料ダウンロード

企業研修・外交官研修・個人向けレッスン・セミナー・英語指導・国際ビジネス指導・国際エチケット指導・国際プロトコール指導・講師養成派遣・留学サポート・就活サポート 他
特徴 違いと強み

  • 国内唯一英国の国際講師育成校の国際認定指導資格
  • 総合的なプログラム
  • 経験・実績ある専門家による指導 講師は全員1年以上の講師研修期間を積んでいる
  • 国際ネットワークを通じて現地の専門家を通じての実践も可能
  • 福利厚生提案も充実 (一般向け教養エチケット・英語・フランス語・社交ダンス)
  • 顧問コンサルティングサービスで、安心

主要研修

 

国際ビジネスクロスカルチャー 英国校認定プログラム

180カ国の対応ができる国際ビジネスコミュニケーションスキルを徹底指導
国際コミュニケーション・国際ビジネスマナー・多文化チームワーク・マネジメント・国際クロスカルチャー・マインドセット・国際ビジネス交流・クライアントケア・交渉・契約・その他

→研修内容(更新中)

AdobeStock_99588059

 

国際プロトコール

英国校認定プロトコールプログラムで、外国スキルを徹底指導

外交プロトコール・国旗・席次・接遇・政治・会議・交渉・国ごとの違い・多国籍との国際交流・日本プロトコール・その他

→研修内容(更新中)

AdobeStock_117478735

 

ビジネス英語・国際ビジネススキル

国際ビジネスのスキルを徹底指導

英語・フランス語 国際会議・交渉・プレゼン・シチュエーションごとの対応

AdobeStock_134240213

外国人指導

日本のビジネスカルチャーを徹底的に指導

日本のビジネス文化を、研修生が理解できるスタイルで徹底指導 必ず理解できる研修をします

p9-ishikura-a-20180410-870x580

社員・新人・海外就任前研修

高い教養で結果を出す人材育成を徹底

グローバル集団イメージ


研修例

 

<基本プログラム> 

5日間 35-40時間 初心者向けクロスカルチャー総合(プロトコールでも可能)

ビジネスクロスカルチャーの項目を全てカバー 総合的に知識を身につけて頂けます。

  • 1日目: 国際ビジネス基礎、国際コミュニケーション
  • 2日目: ビジネスネットワーキング、ビジネス会食
  • 3日目: ビジネスイベント ビジネススタイル
  • 4日目: 成功する国際ビジネス、国際ビジネススキル
  • 5日目: 国際ビジネススキル、180カ国国際ビジネス

<集中3日間例> 

すべての項目を集中講座向けにカスタマイズ 

1つの項目を集中的に3日間でカバー 内容は、ご希望により変更

国際コミュニケーション

  • 1日目: 国際コミュニケーション、英語表現の正しい使い方、考え方、国際ビジネスの重要ポイント、握手の仕方
  • 2日目: 紹介ルール、挨拶、社外・社内・クライアント
  • 3日目: 電話、メール、報告、連絡、クレーム

<新人向けプログラム>

6ヶ月

毎日数時間の密着研修で、0から指導、日本向け、国際向け両方のカバーも可能、OJTも可能

<海外就任前プログラム>

3ヶ月

英語、国際コミュニケーション、現地の文化、気を付けるべきこと、クロスカルチャーの理解、よくある失敗など

<1日研修>

いずれの項目から1項目の集中、もしくは、断片的に、2,3項目

<継続研修>

  • 英語
  • 国際ビジネススキル
  • コミュニケーション

アジェンダの例

Day 110:00ご挨拶・説明・受講生アンケート・学び方
 11:00ウォーミングアップ
 11:30Etiquette Manners Protocol Cross-Culture
 12:30小休憩
 13:00International Mindset
 14:00International Business General
Day 210:00復習 目的 理念 ルール
 11:00Business Entertaining
 12:00Business Dining at Palace Hotel
Day 310:00復習 3Sルール ゴールデンルールズ
 11:00Business Networking
 12:00Business Communication
 13:00Business Correspondence
 14:00Business Dress Code Professional Image
Day 410:00復習
 11:00International Business Cross Culture India
 13:00International Business Cross Culture China
 14:00復習
Day 510:00Review
 11:00International Business Success
 12:00Multicultural Team
 13:30Test
  修了式

 


本物の国際人を育成

当校では、日本で初めて「社交力」=「国際力」とし、今まで国内では教えていなかった、これから、日本で最も重要視されるであろう本来の国際コミュニケーションの技術と知識を指導しています。

国際クロスカルチャースキルを重要視し、日本の国際化のサポートし、国際人養成に特化し、国際コミュニケーション力を底上げし、これからの日本を支える人材を育成します。

国際人養成として、クロスカルチャーの先行国英国ロンドン校と同様の内容のプログラムを開講しています。

通訳を介さず、直接取れるコミュニケーションスキルは、外交を何倍もスムーズにし、それが決め手となってきます。世界はより一層競争が激しく、国際化を果たしきれていない日本は、大変優秀な技術者が多い中でも、現在競争の対象ともなれない状況です。

国際人スキルには、コミュニケーションスキル、クロスカルチャースキルと国際ビジネスマナーそしてソーシャルスキルが必須のスキルです。クロスカルチャーには、言語の他、国際常識も大切なツールとなり、知識と経験が全てを変えます。

ハーバード大学、スタンフォード大学、カーネギー財団で行われた研究で私たちの将来の成功の 85% はソーシャルスキルにかかる事を証明しています。

当校では、「本質」に拘り、日本初の本物の国際コミュニケーションを指導しています。経験豊富な当校の認定講師を貴社、貴館へ派遣致します。当校講師は全員、1年以上のトレーニング期間を経て、プロ講師として世界で活躍しています。

学院長プロフィール

資料ダウンロード

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。