英語力とテストのスコアは異なる

テストを受けることを目安にすることは良いのですが、テストに合格するための試験勉強は、実用性がほとんど身につきません。

TOEICは英語力を証明するために高得点を取っておくことは、入り口としては当然、あれば良いスコアです。

一般的に、TOEICを取得しようという人は、点数取得に拘り、証明を取るため、そのテストのためだけに勉強し、一番肝心な実用性を身に着ける訓練は後回しにしてしまう傾向があります。

毎日英語の勉強をしているのに、英語の単語一つ口に出さない勉強法をすることもあるので、いつも用途により、やり直しをしなくてはいけない状況になります。しかし、英語は知識よりもスキルが大切です。

TOEICの高得点が履歴書上にあってもなくても、面接する方は、実際には使える英語を身に着けている人を求めています。

また、TOEICは、英語試験の中でとても簡単な部類の一つです。コツを掴めばすぐ取れるテストの一つです。英語はコミュニケーションですので、引きこもって勉強ばかりしていても身につきません。

勉強して使うことを繰り返しすることが重要です。下手な英語でも、どんどん使うことです。間違えたらなおせば良いだけですので、誰も完璧さを求めていません。

バランスの取れた学習方で、正しい使える英語が身に付きます。

グローバルパーソンに英語力は必須である

グローバルパーソンには、当然世界共通語と言われる英語力は必須です。

文法、読み書き、スピーキング、リスニングは最低限身につけてから、次のステップへ進むことができます。が、ある程度身に着いたら、あとは実践でスキルアップができますので、どんどん使っていくことが良いでしょう。

最初は下手だったビジネスメールも、上手に書けるようになりますし、いつも間にか、英語で交渉ができるようになっています。

能力向上には、結果よりも経過が大切ですね。

www.idcglobal.co

 

コメントを残す