日本では日本の誇りを大切にしつつ、グローバルでも共通するスキルを教えることをできるはずなのに、義務教育ではグローバル教育の重要性はほとんど無視されています。

変えること、変わることを必要以上に拒み、授業も事務的に行われます。

実際にグローバルで大活躍している方の中には、特別な教育を受けた方が少ないことをご存知でしょうか?

そういう方々は、独自の考え方や行動を生み出しています。周りからどう思われようと周りと違うことをすることで、自分の価値観を見出し、グローバルに活躍する事ができているのです。
 

グローバルに役立つ基本的な考え方とスキル

日本人の英語スキルが低いのは大きな問題です。

しかしもっと大きな問題なのは、そのことをそこまで真剣に問題視していないことです。日本人は実は世界的にみても、英語の知識自体は比較的に持っています。問題なのは「コミュニケーション力」がないことです。

例えば、英語力が低いことがどれほど日本経済に悪影響を及ぼしているか、本当に理解している人はまだまだ少数です。

子供が遊びで外国語を使うように、大人も英語を遊び道具にしているのがよく見受けられます。かと思うと逆に、英語を真面目に勉強している人は、テストの結果にばかりこだわり、使える英語を学んでいません。

せっかく数学や科学やITができて素晴らしい飛びぬけた専門知識があっても、それを外に伝えられなければ、国内だけでしか活躍できません。

これを変えるには、コミュニケーション能力とグローバルマインドを身につけるだけでなく、考え方を変えることが必要です。

グローバル教育の不足が、グローバル化を遅らせた日本を作り上げてしまいました。だからこそ、自分から積極的に自分へ働きかけていく必要があります。

そして、周りがゆっくり進む今、積極的に始めれば、誰よりも先の道を歩むことができます。周りがやってから、では遅すぎます。

企業が突然、社員をグローバルに育てようとしても、すぐにうまくはいきません。もともと義務教育でこれだけ根強く国内マインドが根付いていますので、人を選んで育てた方が早いのです。それでも必要ならば、社員にやりたいという気持ちを起こさせることが重要です。

埋め込まれたDNAを劇的に変えることは、早々容易なことではありませんから、企業がはじめにやるべきことは、焦らず、本人に変わりたいと思わせることです。

グローバルに活躍するには、最低限以下のことをクリアしなければいけません。

  • 文法、英文読解、スピーキング、リスニング、これら全てのカテゴリーで、正しい英語の知識とスキルをある程度身につける また、完璧になるまで使うことを待たない
  • 英語はお遊びの言語ではない、生き残るための必須のスキルだと理解する
  • 英語にとどまらず、まずはコミュニケーション力を身につける
  • 異文化を勉強し、相手の国籍によりアプローチを変えるスキルを身につける
  • 必要に応じて考え方、性格を変える決断をする
  • 姿勢を変える 表情を変える 自分のオーラを変える
  • 生活習慣を変え、残業はしないようにする
  • 文化、性別問わず、他人との正しい交流方法を知る
  • 自分の意思と意見を持つ
  • 反論を自分への攻撃や人格否定と感じないスキルを身につける
  • ストレスマネジメントスキルを身につける
  • 自己表現、自己主張スキルを身につける
  • 一人で行動できるようになる
  • 行動力と忍耐力をつける
  • 失敗を恐れない
  • 日本や自分を知る そして、行き過ぎない誇りを持つ

これらは当たり前のように見えて、なかなかできない人がいないのが現状です。

あくまでも、「最低限」必要なスキルと思考ですから、まずは基本から改めていく必要があります。そして、きちんとトレーニングを受ければ、誰でもこの能力をつけることができます。

 

コメントを残す