この度、英国本校の認定を受け、正式に、以下の講座を開講できることとなりました。

  • International Business Etiquette & Cross-Cultural Specialist
  • International Social Etiquette
  • Train the trainers

国際人としてのスキルが低いとされる日本人ですが、実際には何が足りないのか、その答えは、意識と知識にあり、この2つを完全にカバーすることができます。

英語を学ぶだけでは足りない

オリンピックが東京で開かれる、2020年まで、もうわずかに1年数ヶ月である中、日本人の国際力は全く外国人を受け入れられる体制にありません。

社会で言われていることは以下になります。

  • 英語力が足りない
  • グローバルマインドが足りない
  • 外国人との交流がない

これを解決しようと、英語に関しては何十年、マインドに関しては長年、外国人交流に関しては、余り工夫がされていません。

さて、本当に、英語が問題なのでしょうか?グローバルマインドを育てるなんて出来るのでしょうか?どうして日本には国際交流が少ないか、考えたことがありますか?

日本人に最も足りないのは「社交力」

こんなに当たり前なことが、「意外」であれば、完全に落とし穴でした。ソーシャルスキルは世界中で重要視されている中、これほど、重要視しない先進国は日本くらいなものです。

当たり前の、国際的な社交力のない日本人と、国際交流をしたい、と外国人が思うわけもなく、外国人を使って英語の練習と思っている人が沢山いるところに、外国人は寄り付きません。

英語の勉強をいくらしたところで、肝心な「社交力」がなければ、会話することも、当然ながら、ビジネスに繋げることもできません。

「グローバルマインド」など、社交力もないのに、身につけることなどできません。

国際ソーシャルエチケット・プロトコールとクロスカルチャーの知識とスキルが最も大切

英国校の学院長も全く同じことを言っています。

“social skills are essential for corporate success.”

これから日本ももっともっと国際化、国際スキルが求められる中、英語は然り、国際スキルとしての、国家が推奨するこのスキルは、必須中の必須と言っても過言ではありません。

お申込みは始まっています

  • International Business Etiquette & Cross-Cultural Specialist
    180の国ごとのビジネスエチケットに基づいた、国際ビジネススキルコース
  • International Social Etiquette
    国際社交エチケット
  • Train the trainers
    認定講師養成講座

ご興味がございましたら、お問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す