プロトコールとは

プロトコールは、相手国の歴史、風俗、宗教、文化の差異を知った上で、互いの習慣やしきたりの違いを尊重し合うことです。決して自国の習慣を強制しないというのが原則です。

たま、国を跨いだ法律のようなもので、プロトコールを知らずに国際交流をすれば重大な失敗を起こすことにもなり得ます。

個人レベルでは、相手を認め、相互の調整を図るために重要な役割を果たすプロトコールは、国際化が進んだ今日では当然身につけておくべき心得です。

プロトコール(外交儀礼)には、〇〇の国のプロトコール、といったように国ごとに変わる、いわゆる規範となります。外交儀礼では、作法やエチケットとは異なり、生活習慣上のルールというよりも国をまたいだ対応が主たるものになります。

「個人」対「個人」ではなく、「国」と「国」、「都市」と「都市」というように、相手の単位が大きいことが特徴です。

国際化において、異文化コミュニケーションの伴うこの外交儀礼は必須事項でもあります。

ICCAでは、ヨーロッパのプロトコールエキスパートから伝授された知識を、そのまま伝授していき、日本のプロトコールは、日本文化のエキスパートより学びます。

Certified International Protocol Program

  • プロトコール基礎
  • 歴史
  • 文化間のプロトコール
  • ガイドライン
  • 挨拶
  • 紹介
  • 握手
  • 位置関係
  • ロイヤルプロトコール
  • イベント
  • 席次・国ごとの違い
  • 国旗
  • ドレスコード
  • 招待状
  • 贈り物
  • セレモニー
  • 各オナー
  • プロトコールオフィサー
  • ゲストとホスト
  • 日本のプロトコール
  • 世界との違い
  • 日本のマナーとプロトコール
  • 接遇
  • 節句
  • プロトコールテーブルマナー
  • プロトコールの伝統と現代
  • 君主制と共和国の間のバリエーション
  • 宗教的なプロトコールの文化的意義
  • 多文化ダイニングプロトコール
  • 国際水準
  • 敬称
  • VIP レセプションとセレモニー
  • 訪問・会議
  • セキュリティ
  • シンボル、ロゴと国歌
  • 文化外交史と「ソフトパワー」の概念
  • テクノロジーと社会の変化が文化外交慣行に及ぼす影響
  • 個人外交とリーダーシップ
  • プロフェッショナル、外交、儀式
  • コミュニケーション
  • ネットワーキング
  • スピーチと言語外交のスキル
  • 国際視聴者へのメディア外交とプレゼンテーション
  • 文化にまたがる交渉
  • プレゼンテーション

 


お問い合わせはこちら

 

Subscribe to Newsletter

Get the latest news and information direct from us to you!

RESERVA予約システムから予約する

スケジュール

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。