女性のスキルアップ、人材育成を応援します

女性の社員育成にお困りではございませんか?女性コンサルタントだから安心!ご相談ください。

企業の経済成長には、今までと異なった、新しいアイディアがどんどん必要となります。女性のならではの能力を活かすことで企業の利益に繋げていきませんか?

女性には、女性ならではの高い社会的能力が備わっています。

その能力を活かせば、ビジネスも効率的に進み、生産性のある企業運営につなげることができます。

キャリア志向の強い女性が、実際に社会で活躍しその能力を発揮できるよう、マインド作りからサポートいたします。


女性の適正職

男性と女性には、個人差はありますが、適職があります。企業内で必要とされる特有の能力が女性には備わっています。

女性は、全体的に物事を見る能力にも長けていますので、コミュニケーション能力とマルチタスクが必要とされる業種が向いています。

  • マネジメント、管理職
  • 営業
  • 人事 人材育成
  • 経理、事務、秘書
  • コンサルタント
  • 旅行系 エンターテイメント系 サービス系
  • 語学系 外資系

女性活躍推進法について

2016年4月に発表されたこの法律は、キャリアアップを目指す女性にとっては、良い話と思われることもありますが、「労働力不足による囲い込み」と解釈され、積極的ではない企業も多くあります。

なぜ、この法律ができたのか。その理由としては、下記の状況があります。

  • 働きたくても働けない女性が約300万人いる
  • 第一子出産を機に6割の女性が離職する
  • 育児後に再就職する際はパート・アルバイトになる場合が多く、女性雇用者における非正規雇用者は56.6%と、6割近い
  • 女性の管理職は1割程度と、国際的に見ても低い水準である

引用先:President Online 2016.3.7

現状問題
  • 「男が外で、女が家事」という文化、習慣、考え方からは抜け出せていない
  • 「女性は外でも働き、家でも働けというのか」という不満
  • 女性への給料は以前同様、男性より低賃金
  • キャリア志向の女性が批判を受ける風習
  • 保育所の不足や、保育士の不足の問題
  • 子供のことの連絡は母親任せになるなど、夫婦で子育てを共有できない状況
  • 女性も働けばもっと少子化となるのではないだろうか?という懸念
女性活躍によって得られる点
  • 社会的に男女平等に近づくことで、個人の生産性を上げる
  • 女性が発言権を得ることで、世界に勝てる新改革ができる
  • 子育てを共有することで、生産性が倍になり、家族の絆が深まり「家庭」が保てる
  • 自立した子供が育ち、現在の様々な社会問題が解決される
  • 考える力を育てることで、世界と対等になれる

現状維持が満足という声も多いでしょう。しかし、企業にとっても女性の力を借りることで、生産性や利益を上げることができ、女性自身も社会貢献ができる喜びと自信を得ることができます。

ルールを変えるよりも、理解から始める
  • 従業員一人一人が感情を持つ男女であるので、単純なルールだけでは生産性が上がらない
  • 個々の考えや感情を理解したうえで指示を出さねば響かない
  • 根の深いこの問題は、強制だけでは簡単には変えられない
女性が本来求めていること
  • 家族に入ることで自分の存在感が確認できるため、結婚、出産、家族を夢見る女性が多数
  • 社会貢献をしたくても、社会において女性の存在価値は低いため、「家庭」が適職だと考えるしかなくなる
  • やりがいを感じた生き方をしたいので、会社にそれを感じればよい
  • 「どうして女性が?」と疑問を抱いている
女性の社会的能力
  • マルチタスクである
  • 視野が広い
  • 複数のことを同時に見れる
  • 勘にすぐれている
  • 管理職能力が、一般的な男性よりも高い
  • コミュニケーション能力が非常に優れている
  • 語学の取得が早い
  • グローバル能力に優れている
  • 責任感が高い
  • 切り替えが早い

→女性には、社会で役立つスキルが山のようにある。

男性社員への理解共有
  • 男性社員の女性社員への扱いを見直す
  • 気を遣いすぎていないか?
  • 女性社員はできないと思っていないか?
  • 女性社員に不満を抱いているのではないか
  • 女性社員と協力することで、仕事がもっと効率的になる
  • 女性男性の適職を理解する

これらの現状と問題を解決しながら、トレーニングを行っていきます。